新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金について

新型コロナウイルス感染症の影響が長期化する中で、総合支援資金の再貸付を終了した世帯などで、収入、資産、求職などの一定の要件を満たす世帯に新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金を支給します。

 ※対象者には個別に案内を送付する予定です。

支給対象者

 次のいずれかに該当する方が対象となります。
 ●社会福祉協議会が実施する緊急小口資金等の特例貸付における総合支援資金の再貸付を受けた者であって、自立支援金を申請する月の前月までに再貸付の最終借入月が到来していること。
 ●再貸付を受けている者であって、自立支援金を申請する月が再貸付の最終借入月であること。
 ●再貸付の申請をしたが、自立支援金を申請する日以前に不決定となったこと。
 ●再貸付の申請を行うために、自立相談支援機関への相談を行ったものの支援決定を受けることができず、自立支援金を申請する日以前に再貸付の申請をできなかったこと。

支給要件

収入要件

 世帯収入合計額が、市民税均等割が非課税となる収入額の1/12+生活保護の住宅扶助基準額を超えないこと。
    三島市の目安
  • 単身世帯:118,000円
  • 2人世帯:167,000円
  • 3人世帯:205,000円

資産要件

 世帯の預貯金の合計額が、以下を超えないこと。(ただし、100万円を超えないこと。)
    三島市の目安
  • 単身世帯:486,000円
  • 2人世帯:738,000円
  • 3人世帯:942,000円

求職活動等要件

 今後の生活の自立に向けて、次のいずれかの活動を行うこと。
  • 公共職業安定所に求職の申し込みをし、誠実かつ熱心に求職活動を行うこと。
  • 就労による自立が困難であり、この給付終了後の生活の維持が困難と見込まれる場合には、生活保護の申請を行うこと。

支給額

  • 単身世帯:月額60,000円
  • 2人世帯:月額80,000円
  • 3人以上世帯:月額100,000円

支給期間

 3か月間

支給方法

 口座振り込み

申請書類

申請期間

 令和3年7月1日から令和3年11月30日まで

申請先

 三島市福祉総務課に申請書類を直接または郵送により提出してください。

 ※窓口に直接提出する場合は、電話で事前に来庁する時間を伝えていただくと案内がスムーズです。

 〒411-8666 三島市北田町4-47 三島市福祉総務課

コールセンター(厚生労働省)

 厚生労働省に新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金相談コールセンターが設置されています。

 0120-46-8030
 受付時間:9:00~17:00(平日のみ)