10月30日の食品ロス削減の日を含む10月は食品ロス削減月間となっています。

10月は食品ロス削減月間となっています。

食べ物を無駄にするのは、もったいない!

食品ロスを減らすために、一人一人ができることから始めましょう!

おいしく 楽しく 食べきろう!!

三島市が参加している全国おいしい食べきり運動ネットワーク協議会では、10月に、「おいしく 楽しく 食べきろう!!」を合い言葉に、家庭での食べきりを呼びかける全国共同キャンペーンを実施しています。
全国キャンペーンちらし

食品ロスとは?

 食品ロスとは、「まだ食べられるのにもかかわらず捨てられてしまう食品(可食部分)」のことです。

次のようなものが食品ロスになります。

  • 食品の製造・流通過程の破損等で発生する規格外品
  • 食品メーカーでの欠品防止の過剰在庫
  • 小売店での需要予測のズレによる売れ残り(販売期限切れの返品)
  • 新商品販売等に伴い撤去される食品
  • 家庭・飲食店での食べ残しや作り(仕込み)すぎた料理
  • 食べられる部分まで過剰除去された調理くず
  • 食事に使用・提供しない消費(賞味)期限切れの手つかずの食品

食品ロスの現状

 日本国内における年間の食品廃棄量は、食料消費全体の3割にあたる約2500万トン。このうち、売れ残りや期限を超えた食品、食べ残しなど、本来食べられたはずのいわゆる「食品ロス」は約612万トンとされています。これは、世界中で飢餓に苦しむ人々にむけた食料援助量(平成29年で年間約380万トン)を大きく上回る量です。  

また、日本人1人当たりに換算すると、お茶碗約1杯分(約132g)の食べ物が毎日捨てられている計算となります。


出典:農林水産省「食品廃棄物等の利用状況等(平成29年度推計)」、国際連合世界食糧計画「数字で見る国連WFP」

家庭における食品ロス

 約612万トンの食品ロスのうち、約半数(284万トン)は一般家庭から発生しています。過剰除去(野菜の皮の厚剥きなど)や出された食事の食べ残し、消費期限切れによる廃棄によって食品ロスは発生しています。

食品ロスを削減するためには市民一人ひとりの取り組みが必要です。食品ロス削減のための取り組みにぜひご協力をお願いします。


食品ロス量

私たちのできること

 それでは、私たちは、日常生活でどのようなことに気をつければいいでしょうか? 実は、そんなに難しいことではありません。買いすぎをなくすために、買い物に行く前に冷蔵庫の中を確認する、食べられる分の 料理を作る、といった、日常生活のちょっとした配慮で食品ロスは削減できます。
私たちにできること

お買い物では・・・

  • 安からといって買いすぎないよう注意しよう!
  • 買い物前に冷蔵庫をチェックしよう!
  • 直ぐに食べる場合は、スーパーでの買い物は商品棚の前からとりましょう!

食品の保存では・・・

  • 冷蔵庫を整理しよう!

調理するときは・・・

  • 食べきれる分だけ作ろう!
  • 残った料理はリメイクしよう!

生ごみを捨てるときは・・

  • 最後にしっかり水切りをしましょう!

三島市は、全国おいしい食べきりネットワーク協議会に参加しています。

全国おいしい食べきりネットワーク協議会とは、「おいしい食べ物を適量で残さず食べる運動」の趣旨に賛同する自治体により、広く全国で食べきり運動等を推進し、3Rを推進すると共に、食品ロスを削減することを目的として設立された自治体間のネットワークです。
全国おいしい食べきりネットワーク協議会ホームページ (新規ウィンドウ表示)