ご家庭で不要になった食器お譲りください!!

ご家庭で眠っている食器があり、処分を検討されておりましたら、ぜひ、お譲りください!!
不要な方から必要な方へ食器を配布し利用させていただきます。

食器の引き取りについて

◆場 所:エコセンター(旧三島測候所)
    東本町2-5-24※駐車場4台
◆日 時:10/9(土)
    ・9:30~12:00(午前)
    ・13:30~15:00(午後)

【引き取り対象】
◆材質:陶器、磁器、ガラス製
◆種類:皿、茶わん、グラスなどの食器全般
◆状態:新品または未使用品
◆対象:三島市民
※使用済みのものは対象外となります。


エコセンターの情報はコチラ↓
エコセンター(旧三島測候所庁舎)
皿
エコセンターアクセス

もったいない食器市を開催します!

不要な方から必要な方へ食器をお譲りする「もったいない食器市」を市とごみ減量アドバイザー(※)の方々との協働で開催します。
※ごみ減量アドバイザー・・・ごみの減量やリサイクルに関し自ら又は市と協働で周知啓発活動を行うボランティア

もったいない食器市開催スケジュール

※マイバッグをご持参ください。
※当日食器の引き取りは行いません。
※配布する食器がなくなり次第終了します。
※雨天の場合、食器市は中止します。
※新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、開催中止の可能性があります。

なぜ?もったいない食器市を開催するの?

第3処分場と残余容量

左の写真は、市の最終処分場(第3処分場)です。ごみを燃やして出た灰(焼却灰)やリサイクルが難しい陶器やガラスなどを埋め立て処分しています。
しかし、現在、埋め立てられる残りの量は9%程度しかなく、焼却灰等の全量をそのまま埋め立てると、あと3年以内で満杯になってしまいます。


●長寿命化への対策
そこで市では、最終処分場の長寿命化を図るため、多額の経費(令和2年度は約8,000万円)をかけ、焼却灰等の一部を県外に搬出しています。

★「もったいない食器市」を開催することで、不要となった、普段ならそのままごみに埋め立てられてしまう食器が、必要な方に利用されます。
それにより、埋め立てごみが減り、最終処分場の長寿命化につながります!