開催中の企画展

企画展 キッズびじゅつ展inみしま〜こどものみた世界〜

「キッズびじゅつ展inみしま〜こどものみた世界〜」は、静岡県内の美術館・博物館など37館が協力する、子どもとアートのつながりを考える『キッズアートプロジェクトしずおか』が主催する展覧会です。

本展ではMOA美術館が開催している全国児童作品展の優秀作品を展示します。
同時に静岡県立美術館のコレクションの中から選りすぐりの作品が展示される移動美術展、切り絵アーティスト福井利佐さんのワークショップなどが開催されます。
子どもたちが芸術作品や世界で活躍する作家に触れることで、豊かな感性を育み、芸術文化を身近なものとして感じてもらえることを願って開催します。


 【主  催】 NPO法人キッズアートプロジェクトしずおか

 【協  力】 MOA美術館/静岡県立美術館/三島市郷土資料館

 【協賛企業・団体】 凸版印刷、はごろも教育研究奨励会、静岡県信用金庫協会、しずおか信用金庫、
             静清信用金庫、浜松信用金庫、沼津信用金庫、三島信用金庫、富士宮信用金庫、
             島田信用金庫、磐田信用金庫、焼津信用金庫、掛川信用金庫、富士信用金庫、
             遠州信用金庫、静岡銀行、スルガ銀行、清水銀行、静岡中央銀行、
             静岡新聞社、静岡放送、静岡県新聞輸送、遠州グループ、鈴与グループ、
             静岡県立美術館友の会

 【お問合わせ】 キッズアートプロジェクトしずおか TEL 054‐284‐3278 FAX 054‐284‐3279


 【関連事業】
切り絵アーティスト 福井利佐さんワークショップ

世界で活躍する静岡県出身の切り絵アーティストの福井利佐さんが、三島市郷土資料館で切り絵作品づくりを指導します。
一流の感性に触れるチャンスです。

開催日時  10月1日(日)13時〜15時半
対象学年  小学生 ※要申込み(定員12名)  応募多数時は抽選   応募しめ切り9/20
申込受付  055-971-8228(三島市郷土資料館)


福井利佐さん画像
講師 福井利佐氏

切り絵アーティスト。1975年静岡県出身。東京在住。
精緻な観察による描写のきめ細やかさと大胆な構図で、観る者を圧倒させるような生命力のある線の世界を描き出す。

国内外の個展をはじめ、Reebokとのコラボレーションスニーカーや、アーティスト中島美嘉のジャケット・ステージ装飾、手塚治虫×福井利さ×UNIQLOでのTシャツデザイン、桐野夏生氏や木内昇氏の小説への挿画や装丁、宝生流 和の会のメインビジュアルなどを制作。
NHK太宰治短編小説集「グッド・バイ」の映像制作、NHK BS「猫のしっぽカエルの手」オープニングタイトル制作、「藝人春秋」(水道橋博士著)表紙絵などを制作。
2016年は2度目のドイツでの個展を行い、「めぐるりアート静岡2016」にて静岡県立美術館のホール展示などを行う。
またワークショップなど多方面で活躍中。

【開催期間】
平成29年9月15日(金)〜平成29年10月1日(日)
※9月15日(金)のみ、11時半開場となります。
【休館日】
月曜日(祝日の場合は開館、翌日休館)
【入館料】
無料(ただし、楽寿園入園料が300円別途かかります。15歳未満は無料、学生は学生証提示にて無料)
【イメージ画像】
企画展 キッズびじゅつ展inみしま〜こどものみた世界〜
【入館料】
切り絵アーティスト 福井利佐さんワークショップ

世界で活躍する静岡県出身の切り絵アーティストの福井利佐さんが、三島市郷土資料館で切り絵作品づくりを指導します。
一流の感性に触れるチャンスです。

開催日時  10月1日(日)13時〜15時半
対象学年  小学生 ※要申込み(定員12名)  応募多数時は抽選   応募しめ切り9/20
申込受付  055-971-8228(三島市郷土資料館)


福井利佐さん画像
講師 福井利佐氏

切り絵アーティスト。1975年静岡県出身。東京在住。
精緻な観察による描写のきめ細やかさと大胆な構図で、観る者を圧倒させるような生命力のある線の世界を描き出す。

国内外の個展をはじめ、Reebokとのコラボレーションスニーカーや、アーティスト中島美嘉のジャケット・ステージ装飾、手塚治虫×福井利さ×UNIQLOでのTシャツデザイン、桐野夏生氏や木内昇氏の小説への挿画や装丁、宝生流 和の会のメインビジュアルなどを制作。
NHK太宰治短編小説集「グッド・バイ」の映像制作、NHK BS「猫のしっぽカエルの手」オープニングタイトル制作、「藝人春秋」(水道橋博士著)表紙絵などを制作。
2016年は2度目のドイツでの個展を行い、「めぐるりアート静岡2016」にて静岡県立美術館のホール展示などを行う。
またワークショップなど多方面で活躍中。

 

企画展 静岡県立美術館移動美術展 富士山と静岡ゆかりの画家たち

静岡県立美術館は、「東西の風景画」をコレクションの収集方針として活動してきました。

そのコレクションは現在、2,600点を超え、常時開催している収蔵品展は、多くの来館者からご好評をいただいております。

しかし、静岡県は東西に広く、静岡市から遠く離れた地域では、コレクションを鑑賞する機会に必ずしも恵まれているとはいえません。

移動美術展は、開館以来、県内の遠方にあって、静岡県立美術館のコレクションをご覧いただくことが難しい方々のために、選りすぐりのコレクションを鑑賞いただく機会として開催するものです。


今回の移動美術展では、平木政次、五姓田義松、和田英作といった富士をモティーフとした作品と静岡ゆかりの画家である栗原忠二、柏木俊一、曽宮一念の作品を展示します。

これらの作品の通じて、静岡県の豊かな風土をあらためて感じていただければ幸いです。

出品作品リスト
 (1) 富士遠望図(チャールズ・ワーグマン)
 (2) 富士(平木政次)
 (3) 富士(五姓田義松)
 (4) セントポール(栗原忠二)
 (5) ロンドン郊外(栗原忠二)
 (6) 富士(和田英作)
 (7) 海と畑と森(柏木俊一)
 (8) 駿河湾(石川欽一郎)
 (9) スペインの野(曽宮一念)


主催/静岡県立美術館、三島市郷土資料館



【関連事業】
静岡県立美術館学芸員によるフロアレクチャー(作品解説)
9月24日(日)、10月8日(日)  午後2時〜  ※集合場所:企画展示室


静岡県立美術館ボランティアによるギャラリーツアー
10月1日(日)、10月15日(日)  各日 午後1時30分〜、2時30分〜  ※集合場所:企画展示室
【開催期間】
平成29年9月15日(金)〜平成29年10月15日(日)
※9月15日(金)のみ、11時半開場となります。
【休館日】
月曜日(祝日の場合は開館、翌日休館)
【入館料】
無料(ただし、楽寿園入園料が300円別途かかります。15歳未満は無料、学生は学生証提示にて無料)
【イメージ画像】
富士山と静岡ゆかりの画家たち
【入館料】
静岡県立美術館学芸員によるフロアレクチャー(作品解説)
9月24日(日)、10月8日(日)  午後2時〜  ※集合場所:企画展示室


静岡県立美術館ボランティアによるギャラリーツアー
10月1日(日)、10月15日(日)  各日 午後1時30分〜、2時30分〜  ※集合場所:企画展示室

 

今後の企画展スケジュール

平成29年度 郷土資料館企画展スケジュール

郷土資料館では毎年3〜4回企画展を開催しています。郷土に密着した題材で三島ならではの展示を多く行っています。皆さまのご来館を心よりお待ちいたしております。
   
企画展名称 開催期間
『三島のたからもの―市の指定文化財を大公開!―』
前期「歴史編」
後期「美術編」
前期「歴史編」平成29年6月3日(土)〜8月6日(日)
後期「美術編」平成29年8月8日(火)〜9月10日(日)
静岡県立美術館 移動美術展 
『富士山と静岡ゆかりの画家たち』
平成29年9月15日(金)〜10月15日(日)
※9月15日は11:30から企画展開場
『キッズびじゅつ展inみしま 〜こどものみた世界〜』
※主催 キッズアートプロジェクトしずおか
※会場 郷土資料館多目的室
平成29年9月15日(金)〜10月1日(日)
※9月15日は11:30から企画展開場
『挿絵で見る江川太郎左衛門英龍』 平成29年10月28日(土)〜平成30年2月12日(月・振休)
新規収蔵品展 平成30年2月24日(土)〜5月27日(日)

過去の企画展

過去の企画展の一覧リストと作成したパンフレット類を紹介