元気をつくる!三島おでかけない情報

「健康二次被害」という言葉をご存知ですか?新型コロナウイルス感染拡大を防止するため、外出自粛が求められる中、活動量の低下や環境の変化から、体調を崩す、持病を悪化させる、運動不足、精神的に追い込まれるなどの事態の発生が、子供から高齢者まで見られています。 そこで、スマートウエルネスみしまでは健康二次被害の予防にむけて「元気をつくる!みしまお出かけない情報」を発信していきます。 大切なのは、手洗い×睡眠・食事×運動×笑顔。

●ゴールデンウィーク特別編●

今年は、毎年行っていた旅行やイベントを控えておうちにいましょうと言われてます。
長期に渡る自粛生活で、「やることがない・・・」というお悩みをもつ方も多いのでは?
そこで、今回は特別編として、健幸につながる小さな取り組みをご紹介していきます。ぜひ一緒にやってみてください。
(スマートウエルネスみしまのFacebookページでもご紹介しています)

DAY1■1日どのくらい歩くか、目標をたてて報告しあおう!
 そして、目標を達成したときのとっておきのご褒美を考えよう!

厚生労働省によると1日8000歩ほど歩くと健康促進にちょうど良いといわれています。
8000歩を時間にすると、約1時間~1時間半。距離にすると5~6キロ程度が一般的。
連休中の目標をたてて、その目標を達成したときのご褒美を考えてみましょう。
そして、それを家族や友達と共有してみましょう!
※歩く際には、下記にある■安全に体を動かすポイントを守り、感染予防に努めていきましょう!

DAY2■家中の窓をあけると風がどっち向きに流れるかしらべる方法から考えてみよう
家にいる時間も換気は大切です。
5月に入り、気温も暖かくなってきました。思い切って家中の窓をあけてみて、家の中をどんなふうに風が通り抜けるのか、感じてみよう!
その風を感じながら、風の流れをしらべるにはどうしたらよいか、オリジナルの方法で検証してみよう!

DAY3■今食べているごはんが何でできているか、どこからくるのか、いくらかかっているのかあてっこしよう
免疫力アップのためにも食事は大切です。
家族で食卓を囲みながら、またオンラインで友達とお話ししながら、自分が食べているご飯をひも解いていみると何か発見があるかもしれません。

DAY4■家のまわりの地図をなるべく正確にどれだけ遠くまで描けるかたしかめてみよう
運動不足の解消に家のまわりを歩いたり、走ったりすることも、大切な元気づくり。(感染症対策をしたうえで行ってください)
出発の前に、家のまわりを思い出して、なるべく正確に描けるところまで描いてみましょう。
そして、その地図をもって、歩いてみよう!
どれだけ正確に描けていましたか?いつもは車に乗ることが多い大人のほうが、難しいかもしれませんね。

DAY5■家中のものを楽器にして新しい音楽を作曲しよう。そして歌ってみよう
歌ったり、大声をだすで、スッキリした気持ちになったことはありませんか?
「声をだすこと」は、実はとても大切です。
また、高齢者の方は誤嚥性肺炎の予防にもつながります。
音楽は気持ちを明るくしたり、癒したりする効果もあります。
楽器はなくても、家にあるものをつかってつくった音楽で、演奏会をひらいてみましょう^^

※DAY2からDAY5でご紹介している内容は、こちらを参考に一部を引用しています。
出典:『こっそりごっそりまちをかえよう このおおきな世界をつくるほんのちいさな作戦2020Stay Home編』(作:三浦丈典)

●運動編●

■安全に体を動かすポイント
スポーツ庁より、コロナウイルス感染症の影響による外出自粛時において、感染拡大を防止しつつ、安全・安心にウオーキングやジョギングに取り組むにはどんな点に気を付けたら良いかお知らせがありましたのでご紹介します!
安全に運動・スポーツをするポイント(スポーツ庁)
■運動でコロナ予防
親子で一緒に楽しく運動すると免疫力がより UP !
<筑波大学・久野研究室 企画・制作>

■「みしま体操」で、リフレッシュ!
みしま体操をご存知ですか?
三島市保健委員会のつくった体操で、♪「富士山」と♪「箱根八里」にあわせて体操します。
全身を動かすので、とても気持ちよくリフレッシュできます!
意外と難しいとの声もありますが、これを覚えて、土日の朝は家族みんなで体操からスタートするのもいいかもしれませんね♪
みしま体操(動画)

■親子でできる楽しいエクササイズ
「運動不足だから、運動しよう!!」と思ったとき、こんな経験はありませんか?
\何を着てやろうかな?/・・・流行りのウェアを揃えなきゃ!
\運動するには靴も大切なはず/・・・ランニングシューズがない!
\ヨガマットは必要?/・・・・・・
など、ついつい構えてしまいます。(そして、ものを揃えてみたけれど、いざ始めると続かないという経験がある方も多いのでは・・・)
気軽に楽しくできるエクササイズ方法をCHEER WOMEN主宰の宮石さんに教えていただきました!
(宮石さんは、三島市の産前・産後ケアセミナーを考案し講師を務めてくださっています。)
▽動画はこちらから▽
●強度が低く、遊びの要素が多いので取り組みやすいかも!
●親子でできる尻トレ!今回はキッズのお勉強のお供に♪
●脇腹もひきしめてこー!

■まるまるマンボ!でおうちフィットネス
三島市の産前・産後ケアセミナーで講師を務めてくださっている宮石さんが、みしまるくん・みしまるこちゃん公式テーマソング「まるまるマンボ!」にあわせて踊れるフィットネスを考案してくださいました^^
音楽があるだけでとても楽しく体を動かせそうです♪
動画はこちらから

●食事編●

■おじいちゃん、おばあちゃんにとっておきのご飯をつくってみませんか?
 「フレイル」予防のお料理レシピを紹介しています!


●フレイルとは?
加齢に伴って、筋力や心身の活力が低下した状態のこと。
ストレスへの抵抗力が低下し、健幸を損ないやすく、小さな出来事がきっかけで介護が必要になる危険性がある状態のことで、新型コロナウイルスによる健康二次被害のひとつとしても懸念されています。
食べて元気に!季節の食材をふんだんに取り入れたフレイル予防のためのレシピはこちら

●おうちで楽しく過ごす編●

■みしまるくん・みしまるこちゃんとあそぼ♪
リビングに飾れる「こいのぼりづくり」や、『まるまるマンボ♪』を踊るときに使える虹色クレヨンマラカスの作り方など、おうちで遊べるコンテンツがあります。
▽ダウンロードはこちらから▽
みしまるシティ

■郷土資料館より 歴史を学びながら、おうち時間を楽しむコンテンツが届きました!
・明治時代風?コンデンスミルクを作ってみよう(レシピ)
コンデンスミルクの作り方(A4両面印刷)
明治時代に評判をとった国内製の練乳(=金鵄ミルク)は、三島の「花島兵右衛門」がつくった人気商品だったそうです。
・東海道53次駅道中記細見双六(すごろく)
江戸日本橋をふりだしに、渦巻き状に東海道をたどり、京の三条大橋と御所を目指す構成になっています。漢字の読み方から勉強になりそう!
双六遊び解説書(A4印刷)
双六遊び用紙(A3印刷)