トップページ > 市の紹介 > 地勢・歴史 > 目で見る「三島の歴史」27,000年のあゆみ > 竪穴(たてあな)住居にカマドや貯蔵穴が登場(古墳時代)

ここから本文


竪穴(たてあな)住居にカマドや貯蔵穴が登場(古墳時代)

   
 中島下舞台遺跡のカマド

古墳時代になると豪族と一般の人たちの住居に差がつきます。
6世紀になると、それまでの「いろり」から石や粘土で作った「カマド」に厨房施設が変化しました。
住居のなかに台所が誕生し、寝る場所と区別されたのです。

 

安久(やすひさ)遺跡の住居跡

 一辺が6メートルの方形住居です。6世紀末の甕(かめ)や椀(わん)が出土しました。

須恵器(すえき)の出現

この地域にカマドが出現する前後に遺物に変化がありました。陶器質の灰色の土器である須恵器が出現します。
硬質で吸水性の少ない須恵器は、直接火にかける煮たき用には適さず、物を盛ったり、貯えたりするための器として用いられました。
   
市内最古の古墳は五世紀末(古墳時代) 古代政治の中心地は三島(奈良・平安時代)

この情報に関する問い合わせ先

担当課名 教育部文化振興課
電話番号 055-983-2672/FAX 055-972-3304