トップページ > 市の紹介 > 地勢・歴史 > 目で見る「三島の歴史」27,000年のあゆみ > 三島実科高等女学校(三島高等学校)誕生(昭和初期(2))

ここから本文


三島実科高等女学校(三島高等学校)誕生(昭和初期(2))

   

 三島地方唯一の私立学校
昭和5年、青木千代作氏が実科女学校を設立しました。昭和9年に三島家政学校を合併して三島実科高等女学校が誕生、現在の三島高等学校に引き継がれています。
私立の男子校は、三島実務中学校があり昭和11年に田方商業学校となりました。

 

  昭和9年の山車(だし)風景
現在の芝屋ガラス店の前あたりです。揃いのユカタ姿がよく似合います。
   

山車の上は美人が

昭和9年ごろの乗合自動車(バス)

   
昭和9年12月1日 三島駅開業(昭和初期(2)) 昭和10年4月 北上村を合併(昭和中期(市制施行前))

この情報に関する問い合わせ先

担当課名 教育部文化振興課
電話番号 055-983-2672/FAX 055-972-3304