トップページ > 市の紹介 > 地勢・歴史 > 目で見る「三島の歴史」27,000年のあゆみ > 昭和16年4月29日 三島市誕生(昭和16年(市制施行)〜昭和19年)

ここから本文


昭和16年4月29日 三島市誕生(昭和16年(市制施行)〜昭和19年)

   
昭和16年4月、三島町と錦田村(沼上繁太郎村長)が合併しました。当時の三島町の人口は28,000 人、錦田村は5,200人で合計33,533人となりました。
県下で6番目の都市、三島市が誕生し初代市長に花島周一氏(当時の三島町長)が就任しました。

 

 

三島市章

合併当時の三島市役所

   


 平井源水の箱根大根碑


 箱根西坂のじゃがいもの収穫(平成3年)



 特産箱根大根の収穫(平成3年)

   
奉納 花火ポスター(昭和中期(市制施行前)) 合併記念 三島市錦田女子青年団(昭和16年(市制施行)〜昭和19年)

この情報に関する問い合わせ先

担当課名 教育部文化振興課
電話番号 055-983-2672/FAX 055-972-3304