トップページ > 市の紹介 > 地勢・歴史 > 目で見る「三島の歴史」27,000年のあゆみ > 重化学工業に重心をおく(昭和20年〜39年)

ここから本文


重化学工業に重心をおく(昭和20年〜39年)

   

 高度経済成長の波にのる。
経済の発展と共に、野菜ももてはやされて農家の新築、改築ブームとなり自動耕運機から3種の神器(冷蔵庫・洗濯機・テレビ)インスタントラーメンからジーンズなどが登場しました。
昭和33年には市内に5館も映画館がありました。翌年、平和都市(非核武装)宣言を決議しました。

市産業物産館(公会堂)できる(昭和30年)

 
   

東海号三島駅停車(昭和30年7月21日)

三島駅、六反田線開通(昭和33年)

   

  東レ三島工場誘致(昭和31年)
    幸原、徳倉商店街活気づく

し尿処理場できる(昭和34年)

   
昭和33年 狩野川台風(昭和20年〜39年) 昭和35年 新庁舎落成、市制20周年(昭和20年〜39年)

この情報に関する問い合わせ先

担当課名 教育部文化振興課
電話番号 055-983-2672/FAX 055-972-3304