企画展

市制施行80周年・開館50周年企画「三島のはじまり 旧石器~古墳時代」

市制施行80周年・開館50周年企画「三島のはじまり 旧石器~古墳時代」

 三島市域で人々の営みが確認される最初は、今から約3万4000年前の旧石器時代にまでさかのぼります。それは箱根山の西麓から始まりました。

 当時は氷河期にあたり、人々は石材から道具を作り出し、食料を求めて移動する生活を送っていました。そののち気候が温暖化すると、植物性食料の安定的な確保が可能となり、山西麓の河川または谷沿いの丘陵部に住居を構え、定住生活を営むようになります。温暖化のピークが去り、大陸から稲作文化が伝わると、彼らは生活の拠点を三島扇状地・田方平野の川沿いへと移していきました。拠点集落・小集落が形成され、それをまとめる首長層が登場し、古墳時代初頭には畿内で勢力を増すヤマト王権の影響が及んで田方平野に前方後円墳(向山16号墳)が築造されました。

 本企画展は、旧石器時代から古墳時代中期までの三島市域での人々の営みを考古資料によって紹介するもので、当市市制施行80周年・郷土資料館開館50周年を記念して開催します。本展を通じて、皆様の暮らす市域のはるか昔の景観に思いをはせていただき、郷土への関心を深めていただければ幸いです
【関連イベント】 くわしくはイベント情報(このページ下部)または印刷物(左)をごらんください。

開催期間

令和3年7月22日(木祝)~12月19日(日)
9:00~17:00(11月以降は16:30迄) (楽寿園入園は閉園30分前までとなります。)

入館料

無料(ただし、楽寿園入園料が300円別途かかります。15歳未満は無料、学生は学生証提示にて無料)

開催予定の企画展

次回開催予定の企画展情報はいましばらくお待ちください。

過去の企画展



年間スケジュール

郷土資料館では毎年2~3回企画展を開催しています。
郷土に密着した題材で三島ならではの展示を多く行っています。皆さまのご来館を心よりお待ちいたしております。
    
企画展名称 開催期間
三島市制施行80周年・郷土資料館開館50周年企画展
「三島のはじまり 旧石器~古墳時代」
令和3年7月22日(木祝)~12月19日(日)
パネル展「源頼朝伝承と伊豆(仮)」 令和4年1月4日(火)~3月27日(日)
三島市制施行80周年・郷土資料館開館50周年企画展
「仁和寺と三島―宮様が結んだ縁―」
令和4年1月中旬~3月27日(日)

イベント情報

令和3年度(2021年度)後半の郷土教室

郷土資料館では月に1~3回、週末に郷土教室を開催しています。昔を楽しみながら体験できる講座を多く取り揃えていますのでお気軽にご参加ください。 ※事情により内容の変更や中止となることがあります。ご了承ください。
時間 10:00~12:00、13:00~14:30(※時間が異なるものもあります)
基本的に費用・申込は不要です。申込が必要なものはご案内チラシの申込期間をご確認のうえ、郷土資料館までお申しこみください。


 ※スケジュールやお問い合わせ先などの詳細は、下記PDFチラシをご覧ください。

郷土教室チラシ(2021年度下半期)
※急な変更等は郷土資料館facebookでお知らせします。

企画展「三島のはじまり 旧石器~古墳時代」関連講演会

企画展「三島のはじまり 旧石器~古墳時代」に関連して、三島市内の発掘成果をもとに古代の三島・伊豆地域の様子を探る講演会を開催します。(要申込、各回の概要・定員等は下記を参照) ※9月18日(土)は定員に達しました※
1、「弥生時代の三島市内の様子」
内容:遺跡の発掘調査製菓をもとに弥生時代当時の三島市内の様子についてお話します。
講師:岩本 貴 氏(伊豆の国市文化財課)
日時:9月18日(土) 14:00~16:00(開場13:30~)
定員:43名※すでにお申込みが定員に達しています。
開場:三島市民文化会館ゆうゆうホール 3階大会議室
申込:事前申込制。7月27日より受付開始、先着順

2、「前方後円墳と古代伊豆の原像(仮)」
内容:向山16号墳の調査成果などをもとに古墳時代における伊豆の独自性と重要性を考えます。
講師:滝沢 誠 氏(筑波大学人文社会系)
日時:11月28日(日) 14:00~16:00(開場13:30~)
定員:70名
開場:三島市民生涯学習センター 3階講義室
申込:事前申込制。7月27日より受付開始、先着順

三島市郷土資料館 ミュージアム・フェスタ(2021年度)

フェスチラシ2021小
楽寿園内にある三島市郷土資料館では、ミュージアム・フェスタを開催します。

つくって、まなんで、楽しめる!郷土資料館の魅力がいっぱいつまった一日です。

【日 時】:2022年3月5日(土)10:00~12:00/13:00~14:30
      ※感染症の影響により延期になりました。ご注意ください

【場 所】:市立公園楽寿園内 三島市郷土資料館

【内 容】:どんぐりを使った工作、うちわ&ワラのミニボウキ作り、ブンブンゴマ・紙の竹トンボ作り、三島の歴史クイズ、くずし字スタンプでシオリ作り、楽寿園ストーンラリーなど

【費 用】:無料

当日は館内でスタンプラリーも行います。つくって・まなんで・参加して、プレゼントもゲットしちゃおう!

※スケジュールやお問い合わせ先などの詳細は、下記PDFチラシをご覧ください。

ミュージアム・フェスタ チラシ(2021)

郷土教室

月に2~3回ほど昔の生活を体験できる郷土教室を開催しています。
基本的に申込み・費用ともに不要ですのでお気軽にご参加ください。
時間:午前10時~午後12時、午後1時~午後2時30分
郷土教室開催予定

H29立版古

10月16日土 江戸時代の三島宿

三島宿の展示ガイドと浮世絵風ペーパークラフト「立版古(たてばんこ)」作り ※旅人風衣装の着用体験は中止となりました
ブンブンごま

10月30日土 昔のあそび

ブンブンゴマ作りやなつかしいコマ・けん玉遊び
郷土教室ドングリ工作(楽寿園の自然)

11月6日土 楽寿園の自然

ドングリ工作と、葉っぱの拓本でカード作り
勾玉づくり

11月20日土 古代のくらし

勾玉づくり(先着50名)、火おこし体験、土器あてクイズに挑戦※勾玉づくり・火おこし体験は雨天中止
昔のどうぐ

11月23日 火祝 昔のどうぐ

ミニチュアのうどん作りと、食べ物にちなんだ昔のどうぐ体験