企画展

企画展「自然と生きる~水・竹・ワラ・石~」

かつて三島に暮らした人々が、水や竹、ワラ、石といった身近な自然・素材をいかに上手に生活の中へと取り込んでいたのか紹介します。


会期中は、担当学芸員による展示解説や、箱根竹を使ったハタキ作りの体験講座を開催します。

開催期間

令和2年1月3日(金)~3月29日(日)
9:00~16:30 (楽寿園入園は閉園30分前までとなります。)

入館料

無料(ただし、楽寿園入園料が300円別途かかります。15歳未満は無料、学生は学生証提示にて無料)

開催予定の企画展

企画展「浮世絵でたどる東海道五十三次と四つ辻のまち三島」


前期:令和2年4月18日(土)~5月10日(日)
後期:令和2年5月23日(土)~6月28日(日)
9:00~17:00 (楽寿園入園は閉園30分前までとなります。)

 ボストン美術館が所蔵する浮世絵のうち、歌川広重の保永堂版東海道五十三次の精巧な複製を絵巻にした「東海道五十三次絵巻」2巻セットが、昨年トッパン・フォームズ株式会社から三島市に寄贈されました。  今回の企画展では、この複製浮世絵を中心に近世東海道を会期を分けて紹介し、同時に東海道・甲州街道・下田街道が交差する交通の要衝、四つ辻の町として繁栄した三島宿を紹介します。

企画展「自然と生きる~水・竹・ワラ・石~」

自然と生きる

令和2年1月3日(金)~3月29日(日)
9:00~16:30 (楽寿園入園は閉園30分前までとなります。)

かつて三島に暮らした人々が、水や竹、ワラ、石といった身近な自然・素材をいかに上手に生活の中へと取り込んでいたのか紹介します。

過去の企画展



年間スケジュール

郷土資料館では毎年2~3回企画展を開催しています。
郷土に密着した題材で三島ならではの展示を多く行っています。皆さまのご来館を心よりお待ちいたしております。
 
企画展名称 開催期間
バック・トゥ・ザ・ミシママチ! 平成31年4月27日(土)~令和元年9月1日(日)
日本遺産認定1周年記念「絵図・古文書で見る箱根八里」 令和元年9月21日(土)~12月15日(日)
「三島の生活展(仮題)」 令和2年1月3日(金)~3月29日(日)

イベント情報

富士・沼津・三島3市博物館講座「狩りに生きた箱根・愛鷹の人々」

講演会チラシ
令和2年度に開催する富士・沼津・三島博物館連絡協議会共同企画展「採る・捕る・獲る―富士・沼津・三島の狩猟と採集―」に向けた講座として、箱根山や愛鷹山で行われた狩猟についての講演会を行います。

講師:池谷 信之 氏(明治大学黒曜石センター客員研究員)

◆日時:令和2年2月11日(火・祝) 14:00~16:00(13:45開場)

◆会場:三島市民生涯学習センター 3F多目的ホール     (三島市大宮町1-8-38)

◆定員:70名(先着順、三島市郷土資料館へ電話にて申込、令和2年1月22日受付開始)

◆参加費:無料(要事前申込)

※駐車場に限りがございます。できるだけ公共交通機関をご利用ください。

富士・沼津・三島3市博物館講座「狩りに生きた箱根・愛鷹の人々」

●印刷物

3市講演会チラシ

企画展関連事業「箱根竹でハタキづくりに挑戦!」

企画展チラシ
企画展「自然と生きる~水・竹・ワラ・石~」の関連事業として、箱根竹を使った「ハタキ」づくりのイベントを行います。なつかしいお掃除道具「ハタキ」を作って、昔の人の知恵を毎日の生活にいかしてみませんか?

◆日時:令和2年2月8日(土) 10:00~12:00

◆会場:三島市郷土資料館(楽寿園内)

◆定員:15名(先着順、三島市郷土資料館へ電話にて申込、令和2年1月4日受付開始)

◆参加費:無料(要事前申込)

※駐車場に限りがございます。できるだけ公共交通機関をご利用ください。

企画展関連事業「箱根竹でハタキづくりに挑戦!」

●印刷物

企画展チラシ

郷土教室

月に2~3回ほど昔の生活を体験できる郷土教室を開催しています。
基本的に申込み・費用ともに不要ですのでお気軽にご参加ください。
時間:午前10時~午後12時、午後1時~午後2時30分
郷土教室開催予定

型染め体験

2月1日土 型染め体験

伝統的な染物の技法を使ってカードを作ろう!
溶岩観察

2月23日日祝 遊んで学ぼう富士山デー

富士山の溶岩観察、富士山にちなんだカルタで遊ぼう!
立版古

3月7日土 江戸時代の三島宿

飛び出る浮世絵?!江戸時代のペーパークラフト「立版古(たてばんこ)」を作ってみよう。江戸時代の三島についての展示ガイドも行います。