ホーム > 楽寿園のご案内 > 楽寿館のご案内

楽寿館のご案内

楽寿館のご案内

楽寿館 楽寿の間
楽寿館は明治23年、小松宮彰仁親王の別邸として建てられました。邸宅は、江戸時代に完成した数奇屋造りの様式を備え、京風建築のすぐれた手法を現在に伝える明治期の代表的な建造物であり、庭園と一体化するように構成されています。
また、館内には帝室技芸員(現在の人間国宝にあたる)をはじめ、明治時代を代表する日本画家たちによる210面に及ぶ襖絵・杉板戸絵・天井画等が施されており、これらは、静岡県指定の文化財となっています。

楽寿館のご見学

楽寿館玄関
楽寿園では、この貴重な文化財の見学ツアーを1日6回、下記の時間開始で行っています。(所要時間約30分。)
見学を希望される方は、時間前に楽寿館玄関前でお待ちください。
  一般公開
1回目 9:30
2回目 10:30
3回目 11:30
4回目 13:30
5回目 14:30
6回目 15:30

 又、見学ツアー以外にも、団体見学予約を受付けています。団体(30名以上)での見学を希望される方は、必ずお早めにご連絡ください。
*途中からの入退館、幼児をお連れの方やお酒を飲まれた方の入館はお断りします。尚、館内は撮影禁止です。
*見学には、係員が同行して案内します。案内途中の入館、退館はできません。
*行事等により終日公開を実施している期間もございます。