不法投棄について

「水と緑と人が輝く夢あるまち・三島」私達の三島市でも、一部の心ない人のために、箱根山などの山間部や河川等へのごみの不法投棄を始めとして、道路公園等への空き缶・たばこ等のポイ捨てや飼い犬の散歩に伴うふんの放置が時々見受けられます。
これらの行為は、「三島市ごみの不法投棄防止条例」で禁止され、「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」や「軽犯罪法」など諸法令で罰金や懲役刑が定められております。
市民の皆さん一人一人が、ごみを捨てない、飼い犬を放置しない等ルールを守り、清潔で美しいまちづくりと快適な生活環境づくりに努めましょう。
現在、三島市では9人の不法投棄監視委員の方々が日夜、ごみの不法投棄がされていないか目を光らせています。

  あなたも10人目の監視員になって下さい。

  不法投棄をすると厳しい罰則があります。
  • 5年以下の懲役 または 1000万円以下の罰金

不法投棄の状況

山間部の不法投棄の状況
山間部の不法投棄の状況 山間部の不法投棄の状況


不法投棄監視員・警察との合同パトロール
不法投棄監視員・警察との合同パトロール 不法投棄監視員・警察との合同パトロール


不法廃棄物の回収作業
不法投棄物の回収作業 不法投棄物の回収作業

条例及び規則