犬を飼い始めたとき

 狂犬病予防法により、生後91日以上の犬は登録しなければなりません。(生涯1回の登録ですが、登録内容に変更があったときは、届け出が必要です。)
 環境政策課に「犬の登録申請書」を提出し、「鑑札」と「愛犬カード」の交付を受けてください。「犬の登録申請書」を印刷すると、記入用紙としてご利用いただけます。郵送では受け付けいたしませんので必ず窓口へお越しください。登録手数料は一頭につき3,000円です。

愛犬手帳
上の写真は 「愛犬カード」です。名前や狂犬病予防注射などの記録を書くことができます。
犬の鑑札
上の写真は「犬の鑑札」です。首輪につけておきましょう。

犬の飼い主さんへ

  • ふんの始末、放し飼い、泣き声などの苦情がたいへん多く寄せられています。ふんは必ず飼い主が始末し、迷惑をかけないようにしましょう。
  • 犬を登録し、鑑札を首輪につけておきましょう。
  • 毎年、狂犬病予防注射を接種し、狂犬病予防注射済票を首輪につけておきましょう。

犬にお困りの方

放し飼いやふんなどにお困りの方に「マナー啓発用看板」の交付をしています。また、犬のマナーに関する相談も受け付けています。お気軽に環境政策課までお問合せ下さい。

申請書ダウンロード