(都)三島駅北口線建設事業

事業の目的

 (都)三島駅北口線は、三島駅北口と市北部地区とをアクセスする幹線道路で、県道三島裾野線等の南北道路の交通混雑緩和を図ることを目的としています。

概要

起点    三島市文教町1丁目(三島駅北口広場)
終点    三島市徳倉(県道三島裾野線)
総延長   約2,040m
代表幅員  18m(2車線)
事業区間  東レ体育館北側交差点~市道幸原萩線(大場川青木橋付近) 延長約646m

工事箇所参考図(平成28年7月1日現在)


三島駅北口線(工事箇所参考図)

工事箇所写真(前・後)


  • 三島駅北口線(工事前の写真)

    工事前
  • 三島駅北口線(工事後の写真)

    工事後

事業経過

昭和36年 7月 都市計画決定
昭和53年 4月 駅前広場を(8,200平方メートル)加えて都市計画決定の変更
平成 8年10月 都市計画決定の変更 県道裾野線まで
平成13年 4月 東レ体育館北側交差点~市道幸原萩線まで事業認可取得
平成13年~    用地交渉(継続)
平成19年~    道路改良工事(継続)
平成28年 4月 東レ体育館北側交差点~(都)谷田幸原線までの部分供用(予定)