猫を飼い始めたとき

三島市では猫の登録を行っています。飼い猫には登録が必要です。
 環境政策課に「猫の登録申請書」を提出し、「登録プレート」と「猫の登録カード」の交付を受けてください。「猫の登録申請書」を印刷すると、記入用紙としてご利用いただけます。郵送では受け付けいたしませんので、必ず窓口へお越しください。登録手数料は無料です。


ねこの登録カード
「猫の登録カード」です。名前等を記入しておきましょう。
ねこの首輪
猫の首輪です。登録番号の入ったプレートがついています。

猫の飼い主さんへ

飼い猫を「飼い主のいない猫にしない」ためにも、次の4つを推奨しています。
  • 室内で飼うようにしてください。猫を屋外で飼うことは、近隣への迷惑になるだけでなく危険もいっぱいです。
  • 避妊・去勢手術をしてください。病気を予防し、発情期の異様な鳴き声、放浪癖、喧嘩、尿スプレー等を抑制する効果があり、子猫が生まれる心配もありません。性格が穏やかにおなり、長生きするとも言われています。
  • 迷子札をつけてください。首輪などに飼い主の身元を表示したり、迷子や屋外でケガをしたときや突発的に家を飛び出してしまった時や災害時に役立ちます。
  • 最後まで面倒みてください。一度飼い始めたら生涯飼うことが飼い主の責任です。動物を置き去りにしたり、捨てることは犯罪です。

猫にお困りの方

猫の放し飼いやふんなどにお困りの方に「マナー啓発用看板」の交付をしています。また、猫のマナーに関する相談も受け付けています。