ライター及びエアゾール缶の処分について

中身が残ったまま捨てられたエアゾール缶やライターが原因となり、収集車両が火災になるというケースが問題となっています。
 中身を使い切り、エアゾール缶については穴を開け、半透明の袋にまとめて危険不燃物の収集日に出してください。