9月10日は「下水道の日」です

下水道の日の由来

 「下水道の日」は、1961年(昭和36年)、著しく遅れているわが国の下水道の全国的な普及(当時の普及率:6%)を図る必要があることから、このアピールを全国的に展開するため、「全国下水道促進デー」として始まりました。その後、旧下水道法が制定された1900年(明治33年)から100年を迎えたこと、2001年(平成13年)が21世紀のスタートの年にあたることなどから、この年により親しみのある名称として「下水道の日」に変更されました。
 なぜ9月10日と定められているのかといいますと、下水道の大きな役割の一つである「雨水の排除」を念頭に、台風シーズンである210日を過ぎた220日(立春から数えて)が適当であるとされたことによるものです。