がん検診普及啓発及び受診率向上に関する協定の締結(平成24年9月24日)

三島市が実施するがん検診の受診率向上に寄与する活動を行うため、三島市と三島信用金庫は協定を締結いたしました。

がん検診受診率向上に関する協定
協定を締結し握手する稲田理事長(右から3人目)と豊岡市長(左から2人目)。

がん検診の受診にはピンク色の受診カード(子宮がん検診は受診券としてハガキを送付)が必要です。対象者には4月に黄色の封筒で送付してあります。

1 主な活動内容

  1. 三島信用金庫の市内営業店舗内(9箇所)にがん検診受診勧奨ポスターを掲示する。
  2. 市内各営業店窓口に来店したお客様にがん検診受診勧奨のチラシを配布する。
  3. 市内営業地域において、営業担当者が個人や法人のお客様等を訪問する際に、がん検診受診勧奨のチラシを配布または口コミによる啓蒙活動を行う。
  4. がん検診普及啓発のための講演会や展示会等を企画検討する。
  5. 三島信用金庫職員やその家族に対してがん検診受診を勧める。

2 有効期間

平成24年9月24日から1年間。 ただし、期間満了の30日前までに申し出がない場合はさらに1年間更新するものとします。

3 三島市のがん検診受診率(国公表値:H22年度分)

三島市では受診率50%を目標に各種がん検診を実施しています。平成22年度は119人の方々にがんが見つかりました。
全国では、近年、若い世代の方に子宮がんが増えています。
  対象者数 受診者数 受診率 がん発見人数
胃がん検診 30,859人 9,884人 32.0% 28人
肺がん検診 30,859人 13,873人 45.0% 11人
大腸がん検診 30,859人 12,130人 39.3% 31人
乳がん検診 19,808人 7,461人 37.7% 14人
子宮がん検診 24,689人 10,146人 41.1% 7人
前立腺がん検診 9,003人 4,445人 49.4% 28人
注:前立腺がん検診は市独自の検診のため国公表値ではありません。