水痘予防接種

平成26年10月1日から水痘ワクチンの定期接種がはじまりました。
水痘(水ぼうそう)は、特徴的な発疹が主な症状で、かゆみを伴います。感染力が強く、ひとりがかかると、家族や周りの人たちに広がってしまうこともあります。必ずしも軽症で経過するとは限りません。予防接種で重症化を予防しましょう。

対象年齢

1歳から3歳になる誕生日の前日まで
※水ぼうそうにかかったことがある人は対象外です。
※平成26年度に限り、接種経過措置として5歳になる誕生日の前日まで1回目を接種することができましたが、現在は対象外です。

接種回数と接種間隔

接種回数:2回
標準的な接種間隔
2回目:1回目から6か月~1年の間に接種

接種会場

三島市内の委託医療機関
または、県内の相互乗り入れ実施医療機関(申請手続きが必要です。)

持ち物

  • 予診票
  • 母子健康手帳

対象者への周知

対象者には予診票を送付します。

ワクチンの種類

生ワクチン
(他の予防接種とは27日以上あけてください。)