平田新谷線((都)西間門新谷線)

事業の目的

 平田新谷線((都)西間門新谷線)は、東駿河湾広域都市圏(2市2町)における市街地環状道路の一部で、通過交通等による市街地の交通混雑を緩和するとともに、国道1号のバイパス的な役割を担うことを目的に、道路の拡幅整備をします。

概要

起点 三島市平田(神明宮付近境川)
終点 三島市新谷(国道136号)
延長 920m(第1工区390m、第2工区530m)
代表幅員 25m(4車線、車道14.0m、歩道9.0m)
事業区間 第1工区390m(境川~県道三島静浦港線~市道新谷14号線)

工事箇所参考図(平成28年7月1日現在)


平田新谷線((都)西間門新谷線)_工事参考図面

工事箇所写真(前・後)


  • 平田新谷線((都)西間門新谷線)_工事前写真

    工事前
  • 平田新谷線((都)西間門新谷線)_工事後写真

    工事後

事業経過

昭和63年9月 都市計画決定、総延長約7,440m(うち三島市分延長約930m)
平成 7年2月 都市計画の変更(うち三島市分延長約920m)
平成13年度 境川~市道新谷14号線までの事業着手(第1工区)
平成14年度 境川~県道三島静浦港線までの用地買収着手(第1工区)
平成20年度 境川~県道三島静浦港線までの工事着手(第1工区)
平成24年度 県道三島静浦港線~市道新谷14号線までの用地測量(第1工区)
平成27年3月末 境川~県道三島静浦港線まで暫定2車線にて供用開始