公園遊具の遊び方について

これから夏休みを迎え、公園を利用し遊具で遊ぶ機会が多くなります。遊具は使い方を間違えると非常に危険です。親子や友達でルールを守り、ケガの無いように遊びましょう。

遊ぶときの服装をチェック!

●動きやすい服装で遊びましょう。ひっかかったり、からまったり、脱げやすい衣服や靴は危険です。
●物を持ったり肩掛けカバンを持ったまま遊ぶと、大きな事故につながる恐れがあります。

天候に注意しましょう!

●猛暑が続いていますので、水分をこまめにとるなど熱中症予防をしましょう。
●遊具やベンチが日差しによって高温になっている場合があるため、気を付けて使用しましょう
● 雨などでぬれた遊具は滑りやすいので遊ばない。

安全に遊ぶためのルール

●周りの人を押しのけたり、突き飛ばしたりしない。
●高いところから飛び降りない。
●せまい場所にむりに体や頭をいれない。
●遊具などを壊したり、いたずらしたりしない。
●公園から道路に飛び出さない。
●遊具の上からものを投げない。
●幼児が遊ぶときは必ず保護者の方が付き添うようにしましょう。


※公園の遊具は定期点検を実施していますが、危険箇所や不具合等を発見した時は、水と緑の課(983-2643)までご連絡ください。