介護保険負担割合証の交付について

 介護保険制度改正に伴い、平成27年8月より第1号被保険者(65歳以上の方)のうち一定以上の所得がある方については、介護保険サービス利用時の自己負担割合が1割から2割へ変更となります。
 要介護(支援)認定を受けている被保険者に対しては、自身の負担割合を示した「介護保険負担割合証」が三島市より交付されます。

一定以上所得者について

 自己負担割合が2割となる「一定以上所得者」とは、下記のいずれにも該当する方になります。

  1. 本人の合計所得金額が160万円以上
  2. 同一世帯内の第1号被保険者(65歳以上の方)の「年金収入+その他の合計所得」の合計が346万円以上(世帯内の第1号被保険者が本人のみの場合には280万円以上)

所得・収入要件による判定の対象外となる方

 住民税非課税の方や生活保護を受給している方については、上記に関わらず「1割負担」となります。
 また、第2号被保険者(40歳~64歳)で要介護(要支援)認定をお持ちの皆様につきましては「1割負担」のままとなりますが、65歳に到達した時点で再度負担割合の判定を行ないます。

介護保険負担割合証について

 「介護保険負担割合証」は、三島市より要介護(要支援)認定を受けている皆様に対して交付します。(※申請は必要ありません。)有効期限は毎年8月から翌年7月までです。平成27年8月以降のサービス利用時には、「介護保険被保険者証」と併せてサービス提供事業者等に提示していただきます。
 また、有効期間中に所得更正や世帯状況の変更があった場合には、当初判定した負担割合が変更となる場合がありますのであらかじめご了承ください。

再発行申請について

 「介護保険負担割合証」の再発行を希望される場合には、「介護保険被保険者証等再発行申請書」を長寿介護課までご提出ください。申請書受理後、再発行したものをご本人様あてに送付いたします。
 平成28年1月より申請書には【個人番号】を記載していただきます。受付時の確認事項については下記をとおりとさせていただきますので、ご協力をお願いいたします。
  1. ご本人様が申請される場合
     ●ご本人様の写真つき身元確認書類(運転免許証・住基カード・個人番号カードなど)
      ※ 写真表示のないものは2点(医療保険証・介護保険証など
     ●個人番号確認書類(個人番号カード・通知カード・個人番号の記載がある住民票写しなど)

  2. ご家族が申請される場合
     ●代理権確認書類(委任状・ご本人様の医療保険証・ご本人様の介護保険被保険者証など)
     ●ご家族様の写真つき身元確認書類(運転免許証・住基カード・個人番号カードなど)
      ※ 写真表示のないものは2点(医療保険証・介護保険証など)
     ●ご本人様の個人番号確認書類(個人番号カード・通知カード・個人番号の記載がある住民票写しなど)
  3. ご本人もしくはご家族が記載した申請書をケアマネージャーが 提出のみ する場合
     ☆個人番号が見えないように申請書を封筒に入れ、上記1・2の書類の写しを同封して提出してください。
      (ケアマネージャーは個人番号を含め内容の確認・追記はできません。)

 ※申請者はご本人様、もしくはご家族様とします。(ケアマネージャーや施設職員は申請できません。)
 ※原則、郵送でのお渡しになります。送付先はご本人様あて住所地、もしくは申請者であるご家族様あてです。
再発行申請書はこちら