犬・ねこのお世話について

犬・ねこに関する苦情が増えています。
責任をもって犬・ねこをお世話しましょう。

犬の飼い主さんへ

  • 飼い犬は登録と年1回狂犬病予防注射をし、鑑札及び狂犬病予防注射済票を犬につけましょう

    迷子や災害時に、飼い主が誰か分かりやすくなります。


  • 散歩のときも家にいるときも、フン尿の後始末はしっかりしましょう

    迷惑なのはわかっているが、面倒くさいなどの理由で守らないことはゴミのポイ捨ても同様です。


  • 散歩のときは、リードでつなぎましょう

    自分の犬が絶対、他の人に危害を加えないと思っていても、そのことを知っているのは飼い主さんだけです。犬を見れば咬まれるかもしれないと不安になる人がいることを忘れないようにしましょう。


  • しつけを行いましょう

    犬の鳴き声で周囲の住民に迷惑をかけることがないようにしましょう。

ねこの飼い主さん・飼い主のいないねこのお世話をしている方へ

  • 飼いねこ・飼い主のいないねこは避妊去勢手術を行うことを心がけましょう

    発情期の鳴き声、喧嘩、尿のにおいを抑止する効果があり、性格が穏やかになるとも言われています。


  • 飼いねこは室内飼いを心がけましょう

     逃げ出したり事故に巻き込まれないように飼いねこは室内飼いをしましょう。室外に出してしまうと、フン尿や庭を荒らすなどで周囲の住民に迷惑をかけてしまうことがあります。


  • 飼いねこには鑑札や迷い札を付けましょう

    迷子や災害時に、飼い主が誰か分かりやすくなります。


  • 飼い主のいないねこへエサをあげる場合には、後始末にも責任を持ちましょう

    エサをあげるだけでは、周囲の住民にフン尿問題やエサの食べ残し等で迷惑をかけます。残った餌の片付け、トイレを設置するなど始末についても考えましょう。