三島市食育ボランティア『きゃろっとポテトの会』

きゃろっとポテトの会とは

『きゃろっとポテトの会』は、三島市の保健委員会の活動の一部として、平成17年度・18年度に「食育」について学んだ仲間の有志で、作った会です。

「せっかくの仲間と繋がっていたい」、「自分たちも引き続いて勉強したい」、「そして市が進める食育のお手伝いをしたい」という思いから活動を開始しました。

三島市で取り組む食育の範囲は、体の健康から心の育み、食品の安全性、食文化、環境と幅広い取り組みがあり、会員が日々の生活の中で食育に取り組み、家族、地域への啓発発信の担い手になることも重要な活動の1つです。

きゃろっとポテト

発足への背景

食育は本来、親から子へ生きる上での基本として伝えていくものですが、生活形態や社会情勢の変化で、食の大切さが薄れ、食生活の乱れが社会問題になっています。

幼少期の食事の習慣は大人になってからの食生活に大きく影響すると言われ、この時期に正しい知識と正しい食事の習慣を身につけることは特に大切です。

『きゃろっとポテトの会』の活動の中心となる幼稚園や小学校での食育の活動が、未来を担う子どもたちの健康づくりの基礎となる食生活の形成に一役を担えるよう、日々活動しています。

主な活動

子どもの食育教室は、幼稚園や小学校等に出向き、手作りの紙芝居やエプロンシアター、読み聞かせの大きな絵本などを使って食事の大切さや野菜に含まれる栄養の話をしたり、料理教室では子どもたちが安全で、楽しく参加できるように調理の補助を行っています。
その他には、食育に関係するイベントへの参加が主な活動になります。

◆親子料理教室
親子料理教室1親子料理教室

◆食育紙芝居
食育紙芝居1食育紙芝居2食育紙芝居3食育紙芝居4食育紙芝居5
◆エプロンシアター
エプロンシアターエプロンシアター1
◆味覚教室
味覚教室味覚教室1

このほかには、料理教室の補助員としての活動や市主催の食育に関するイベントのお手伝いなどを行っています。

そして、会員同士の親睦を図る連絡会や研修会も開催します。

最後に・・・

このような、見える活動もさることながら、一人一人が常日頃の生活の中で、食育に取り組み(実践し)隣近所の人に、友だちに知人に、他のサークル仲間に語り伝えていくことも重要な役割であると感じています。

現在は会員14名(2015年10月現在)のアットホーム感のある会です。

子どもと触れ合うことは若さの秘訣でもあります。

少しでも興味をお持ちの方いらっしゃいましたら、下記連絡先にお問い合わせください。


三島市健康づくり課 食育・健康推進係
 住所 三島市南二日町8-35
 電話 055-973-3700(平日 午前8:30~午後5:15)