介護職員初任者研修費補助制度について

三島市内の介護事業所等における介護人材の確保・充実を図るため、介護職員初任者研修(介護保険法施行規則(平成11年厚生省令第36号)第22条の23第1項に規定する介護職員初任者研修課程)を修了し一定期間以上市内の介護施設等に就業している者に対し、研修に係る費用の一部を予算の範囲内において助成します。

対象要件

下記のいずれにも該当する者を対象とします。
     
  1. 三島市の住民基本台帳に記録されており、現に三島市内に居住している者。
  2.  
  3. 研修を修了した日の翌日から起算して1年以内に交付の申請をする者。
  4.  
  5. 研修を修了した日の翌日から起算して引き続き3ヵ月以上介護職員として市内の同一の介護施設等に就労し、かつ、交付の申請時においても引き続き就労している者。
  6.  
  7. 介護施設等(*1)の運営法人等に直接雇用されている者。
  8.  
  9. 当該補助金の交付申請日以前において納期が到来した市税(延納又は徴収猶予に係る税額を除く)を完納している者。
 *1 介護施設等とは、介護保険法第8条に規定する介護保険サービス事業および法8条の2に規定する介護予防サービス事業を行う事業所で、市内に存する者をいいます。ただし、一部対象外サービス事業がありますので、事前に≪対象事業一覧≫をご確認ください。

補助金額

初任者研修受講に要した経費(受講料および教材費)の2分の1(10円未満切り捨て)を補助し、補助金の上限額は5万円です。

受付期間

平成30年3月31日まで。
(※ただし、受付は、予算に到達次第終了します。)

申請方法

研修修了後1年以内に上記の対象要件を満たした時点で、介護職員初任者研修費助成金交付申請書(様式第1号)に次の掲げる書類を添えて、長寿介護課へ直接提出してください。
     
  • 就業証明書(様式第2号)
  •  
  • 受講料等領収書の写し
  •  
  • 介護職員初任者研修修了証明書の写し
  •  
  • 市税納付状況調査同意書(様式第3号)または市税を完納していることを示す証明書

なお、補助金の交付不交付については、申請書類を審査のうえ決定します。

その他