【塚原地区】ゆとりある田園居住区整備促進事業

三島塚原IC周辺ゆとりある田園居住区整備促進事業が、三島市では7事業目となる静岡県内陸フロンティア推進区域の指定を受けました。


 三島市では、田畑や自然環境と融合したゆとりある居住空間を実現するため、「ゆとりある田園居住地区整備促進事業」を推進しています。
 優良田園住宅とは、「優良田園住宅の建設の促進に関する法律」に基づくもので、農山村地域や都市の近郊など良好な自然環境を形成している地域における、一定の基準を満たした一戸建ての住宅のことです。

【事業内容・計画内容】

 東駿河湾環状道路三島塚原インターチェンジから直線距離で約300mという交通利便性と、富士山や駿河湾の眺望に優れる立地を活かし、「優良田園住宅の建設の促進に関する法律」に基づく自然と調和した低密度でゆとりある居住空間を創出し、新しいライフスタイルを実現する地域づくりを推進します。

[計画地区]
 塚原地区
 開発面積 3.7ha
 宅地造成事業 約70区画
 

[位置図]
塚原位置図

[事業計画地からの眺望]
塚原事業地からの眺望

【今後のスケジュール】

○平成29年度 埋蔵文化財試掘調査完了、開発行為許可申請
○平成30年度 造成工事着工