三島市歴史的風致維持向上計画

「地域における歴史的風致の維持及び向上に関する法律(通称:歴史まちづくり法)」に基づき策定した「三島市歴史的風致維持向上計画」が平成28年10月3日に主務大臣(文部科学大臣、農林水産大臣、国土交通大臣)から認定されました。
 静岡県下では初の認定となり、全国では59市町(平成28年10月3日現在)が認定を受けたことになります。

「歴史的風致」とは

 歴史的に価値の高い建造物の周辺では、歴史と伝統を反映した人々の生活が営まれることにより、地域固有の風情を醸し出しています。このような良好な環境のことをいいます。

 そこで、下記の(1)~(3)の条件をすべて備えていることが、歴史的風致の前提条件となります。
(1):地域に固有の歴史や伝統を反映した活動が行われていること
(2):(1)の活動が、歴史的価値の高い建造物とその周辺で行われていること
(3):(1)の活動と(2)の建造物が、一体となって良好な市街地環境を形成していること

三島市歴史的風致維持向上計画の概要

● 計画期間
  平成28年度~平成37年度

● 三島市の歴史的風致
  1 三嶋大社例大祭とつけ祭りにみる歴史的風致
  2 三島市の特徴的な地域信仰にみる歴史的風致  
  3 市街地のせせらぎにみる歴史的風致
  4 坂の集落の営みにみる歴史的風致

● 重点区域
  三島市歴史的風致維持向上区域 面積 258.8 ha

三島市歴史的風致維持向上計画 ダウンロード