農地法について(第4条・第5条:農地の転用許可)

 農地や採草放牧地を、住宅や資材置き場等に転用するときには、農地法による手続が必要となります。

  ・農地(採草放牧地)の転用・・・法第4条
  ・権利移動の伴う農地(採草放牧地)転用・・・法第5条
       
農地法 許可が必要な場合 申請者許可権者
第4条 自分の農地を転用する 転用者(農地所有者)農業委員会会長
第5条 農地を転用するのに事業者等が売買・貸借等をする場合 譲渡人(農地所有者)、譲受人(事業者ほか)農業委員会会長
※4haを超えるものは、許可権者が県知事となります。

1.農地法許可申請の流れ

申請書の受付  毎月20日締め(20日が閉庁日の場合は翌開庁日)
現地調査
 毎月25日(25日が閉庁日の場合は翌開庁日)
三島市農業委員会総会
(許可・不許可について審議)
 許可申請書を受理した翌月10日開催(10日が閉庁日の場合は翌開庁日)
  ※3,000平方メートルを超える場合の案件
 県農業委員会ネットワーク機構に諮問
 常設審議委員会に諮り、意見を求めます。

※ただし、市街化区域内の農地は、手続きが許可でなく届出となり、上記締切日に関係なく随時受付を行っています。また、受付から受理書交付までの標準事務処理期間を7日と定めています。

2.申請書ダウンロード

3.農地転用許可後の工事進捗状況・完了報告

農地転用につきましては、「許可に係る工事が完了するまでの間、許可の日から3か月後およびその後1年ごとに工事の進捗状況を報告し、許可に係る工事が完了したときは、遅滞なく、その旨報告すること」としています。
(農地の転用目的が一時的な利用の場合は、「申請書に記載された工事完了日までに農地に復元すること」としています。)

農地転用許可後の工事 進捗状況・完了報告書の提出について
転用工事進捗状況完了報告(様式)
転用工事進捗状況完了報告(記載例)