県内初!!「箱根八里(はこねはちり)」が日本遺産に認定!!

平成30年5月24日に、「箱根八里」が日本遺産に認定されました。静岡県内では初めての認定となります。

日本遺産とは

 文化庁が平成27年度から創設した制度で、地域に点在する有形無形の文化財をパッケージ化し、日本の文化・伝統を語るストーリーを認定する仕組みです。
 歴史的魅力にあふれた文化財群を地域主体で総合的に整備・活用し、世界に向け戦略的に発信することにより、交流人口の拡大を図り地域の活性化を図るものです。
 「箱根八里」の魅力を国内外に発信し、交流促進等による地域の活性化を図るため、箱根八里街道観光推進協議会(三島市、函南町、箱根町、小田原市)は文化庁へ申請を行い、日本遺産審査委員会による審査を経て、平成30年5月24日に認定となりました。 

 文化庁の日本遺産のページはこちら

認定された日本遺産の概要

【タイトル】 旅人たちの足跡残る悠久の石畳道―箱根八里で辿る遥かな江戸の旅路
【ストーリーの概要】
 『天下の剣』と歌に唄われた箱根山を東西に越える一筋の道、東海道箱根八里。  江戸時代の大幹線であった箱根八里には、繁華な往来を支えるために当時の日本で随一の壮大な石畳が敷かれました。西国大名やオランダ商館長、朝鮮通信使や長崎奉行など、歴史に名を残す旅人たちの足跡残る街道をひととき辿れば、宿場町や茶屋、関所や並木、一里塚と、道沿いに次々と往時のままの情景が立ち現われてきて、遥か時代を超え、訪れる者を江戸の旅へと誘います。

  • 日本遺産1
  • 日本遺産2
  • 日本遺産3

関連リーフレット