2022年4月から、成年年齢は18歳になります

民法改正により成年年齢が現行の20歳から18歳に引き下げられます。社会経験が乏しい若者を狙う悪質な業者も存在します。被害に遭わないように消費者トラブルについて今から知っておきましょう。

成年年齢の引下げによって何が変わるの?

成年年齢の引下げによって、18歳、19歳の方は、親の同意を得なくても、様々な契約をすることができるようになります。例えば、スマートフォンを購入する、一人暮らしのためのアパートを借りる、クレジットカードを作成する、ローンを組んで自動車を購入する、といったことができるようになります。

便利なクレジットカードもよく考えて!

◆クレジットカードは借金と同じ。支払えるかをよく考えて利用しましょう。
◆キャッシングの安易な利用はカードローン地獄のもと。後で困らないよう、仕組みを理解して計画的に利用しましょう。
◆契約には責任が伴うことを自覚し、安易な気持ちで契約しないことが大切です。

「安いのは今日だけ!」断りきれずに契約は危険

◆業者にせかされるまま高額な契約をすることは危険です。不必要な契約はきっぱり断りましょう。契約するか迷う場合は、その場で契約するのはやめましょう。
◆クレジット契約で購入した場合、手数料を含めた金額を長期間支払っていかなくてはいけない事をよく理解し、安易に契約をしないようにしましょう。

必ず儲かる?人を勧誘すればいい?マルチ商法に注意!

◆投資に「必ず儲かる」はありません。
◆「友人を紹介すれば…」と言われても決して応じない。
◆借金をしてまで契約しない。
◆解約したい場合は、クーリングオフを活用する。