特定外来生物のオオキンケイギクの駆除について

 オオキンケイギクは北アメリカ原産のキク科の植物で、5~7月頃にかけて、河原や道端に鮮やかな黄色の花を咲かせます。
 強靭でよく生育することから、かつては工事の際の法面緑化に使用されたり、苗が販売されたりしていました。しかし、あまりに強く、いったん定着してしまうと在来の野草の生育場所を奪い、周囲の環境を一変させてしまうため、平成18年に外来生物法に基づく特定外来生物に指定され、生きたままの運搬や栽培、譲渡などが原則として禁止されました。
 オオキンケイギクを見かけましたら、駆除していただくようご協力をお願いいたします。ご自宅の敷地以外の道路や河原で発見したときは、発見した日時、場所、状況を環境政策課までお知らせください。
オオキンゲイギク1

オオキンゲイギク2 オオキンゲイギク3
 出展:環境省ホームページ(http://www.env.go.jp/nature/intro/4document/asing.html)

【特徴】

○キク科の多年生草木で、高さは30~70cm程度になります。
○花期は5月から7月で、直径5~7cmの黄色い花をつけます。
○花が終わっても完全に枯れることはなく、同じ株で冬を越して来年の春にまた生えてきます。
○種子はとても丈夫で、土の中で数年間生存することができます。
[花の特徴]
 ・花はコスモスに似た形状で、茎の先端に直径5~7cmほどの花をつけます。
 ・花びらの色は黄橙色で、花の中央部も同じ色をしています。
 ・花びらの先端には不規則に4~5つのぎざぎざがあります。
[葉の特徴]
 ・細長いへら状をしており、一番幅がある部分の幅は1cm程度です。
 ・葉の両面には荒い毛が生えており、葉の周囲はなめらかです。
 ・花が似ている植物の多くは、葉が針のように細かったり、複雑な切れ込みをしていたりするため、見分けがつきやすいです。

【駆除方法】

(1)根から引き抜く。
  根元から株ごと引き抜いてください。多年草なので根が残るとまた生えてきてしまいます。
(2)袋に入れて枯らせる。
  種子や根を落とさないように袋を密閉して、枯らしてください。
(3)燃えるごみとして出す。
  燃えるごみの日に、市指定のごみ袋に入れ、ごみ集積所に出してください。

【注意点】

○オオキンケイギクを繁茂させないようにするためには、種子を地面に落とさない、もしくは種子がつく前に駆除を行うことが大切です。
○オオキンケイギクは基本的に、生きたままの運搬が禁止されています。駆除を行う際には、根から抜いた個体を天日にさらして枯らす、または、袋に入れて腐らせるなどの処置をした後に移動させてください。