妊孕性(にんようせい)温存治療支援事業

三島市では、将来子どもを産み育てることを望む小児・若年世代(AYA世代)のがん患者等が、将来に希望をもって治療に取り組むことができるよう、妊孕性温存治療に要した費用を一部補助する事業を実施しています。

1 補助の対象となる妊孕性温存治療

  • 胚(受精卵)凍結に係る治療
  • 未受精卵子凍結に係る治療
  • 卵巣組織凍結に係る治療(組織の再移植を含む)
  • 精子凍結に係る治療
  • 精巣内精子採取術による精子凍結に係る治療

2 対象となる方

下記のすべてを満たしている方が対象になります。
  • 妊孕性温存療法の凍結保存時に43歳未満の方
  • 申請時点で三島市に住所を有している方
  • がん治療等により生殖機能が低下する、又は失う恐れがあると医師に診断された方
  • この事業の補助対象となる費用について、「不妊に悩む方への特定治療支援事業」「三島市不妊・不育症治療費補助事業」に基づく助成を受けていない方
  • 納めるべき市税(市県民税)を完納している方
  • 次の表の医療機関において妊孕性温存治療を受けた方
妊孕性温存治療の内容 医療機関
精子の採取凍結 がん治療等の担当医師又は温存治療の担当医師から紹介を受けた医療機関
卵子、卵巣組織の採取凍結又は卵子の採取、胚(受精卵)の凍結 三島レディースクリニック、いながきレディースクリニック、沼津市立病院、
岩端医院、かぬき岩端医院、富士市立中央病院、長谷川産婦人科医院、
望月産婦人科医院、俵IVFクリニック、静岡赤十字病院、
静岡レディースクリニック、焼津市立総合病院、浜松医科大学医学部附属病院、
聖隷浜松病院、西村ウィメンズクリニック、聖隷三方原病院、アクトタワークリニック

3 補助金額

補助回数は、対象者1人に対して通算2回を限度とします。 補助対象の費用は、対象となる妊孕性温存治療及び初回の凍結保存に要した医療保険適用外費用です。ただし、入院室料(差額ベッド代等)食事療養費、文書料等の治療に直接関係のない費用及び初回の凍結保存費用を除く凍結保存の維持に係る費用は対象外です。
区分 妊孕性温存治療の内容 補助上限金額
(1)静岡県小児・AYA世代のがん患者等の妊孕性温存療法支援事業による補助を受ける場合 胚(受精卵)凍結保存 50,000円
未受精卵子凍結保存 200,000円
(2)静岡県小児・AYA世代のがん患者等の妊孕性温存療法支援事業による補助を受けていない場合 精子凍結保存 25,000円
精巣内精子採取術による精子凍結保存 350,000円
胚(受精卵)、未受精卵子または卵巣組織凍結保存 400,000円
区分(1)(2)のどちらに該当するかは、「がん等の病気で妊よう性温存のための治療を受ける皆さんへ」をご確認ください。

4 申請に必要な書類等


詳しくは「若年がん患者等妊孕性温存治療支援事業のご案内」をご確認ください。

5 申請方法・提出先

<申請方法> 事前に電話連絡のうえ、保健センター窓口までお越しください。
<提出先> 
  • 住所
  •  三島市南二日町8番35号(伊豆箱根鉄道 三島二日町駅 下車徒歩1分
  • 電話
  •  055-973-3700
  • 受付時間
  •  午前9時~午後5時