燃えるごみを集積所に出す場合の30cm以内ルール

集積所に出すことができる燃えるごみは、最大辺又は最大径が30cm以下のものです。
三島市の指定ごみ袋の中に30cmを超えるごみが入っていた場合は、ルール違反のシールを貼り収集しません。(三島市の指定ごみ袋以外の袋で出されたごみもルール違反として収集しません。)
30cmを超える燃えるごみは「粗大ごみ」になりますので、清掃センターに直接持ち込むか、粗大ごみ戸別収集事業をご利用ください。いずれも有料となります。

30cm以下としていただく理由

30cmを超えるものがあると、焼却炉に入れる際に機械(給じん装置)に詰まったり、絡まったりして焼却炉が停止してしまい、焼却炉の故障の原因となります。(下の左写真参照)
基準を超えたごみが原因で焼却炉が停止した場合、作業員が高温の焼却炉の入り口に入り、異物を取り除かなければなりません。その間、焼却炉を停止しているため、最低でも1時間はごみの焼却が出来なくなってしまいます。(下の右写真参照)
また、現在の焼却炉は平成元年の稼働開始から25年以上が経過し老朽化が進んでいます。平成25年度~27年度に、約25億7千万円の経費をかけ焼却施設の基幹工事を行い15年間の延命化を図りました。そのお金は市民の皆さまの大切な税金で賄われています。
出来るだけ長く現在の焼却炉を使えば、市民の皆さまの財政的な負担軽減にもつながります。ごみ出しの際には少々ご面倒をおかけしますが、燃えるごみを集積所に出す場合は、30cm以内ルールを順守していただきますようお願いいたします。


  • 給じん装置の詰まり

  • 異物取り除き作業

注意していただきたい点①

集積所に出せる剪定枝は、長さ50cm以下かつ1本の太さが直径10cm以下のものです。紐で束ねて燃えるごみの日に出してください。
直径が10cmを超え20cm以下のものは、長さ50cm以下にして清掃センターに直接持ち込み手数料をお支払いの上処理してください。なお、直径が20cmを超えるものは、設備の処理能力上、清掃センターでは処理できないため、民間の処理業者に処理を依頼してください。

注意していただきたい点②

板切れや角材は剪定枝ではありません。集積所に出す場合は燃えるごみとして最大辺30cm以下にして市の指定ごみ袋に入れて出してください。

注意していただきたい点③

毛布、カーテン、すだれ等の広げた状態で最大辺が30cmを超えるものは、丸めたり、折りたたんだりして最大辺を30cm以下としても集積所には出せません。集積所に出す場合は、広げた状態で最大辺30cm以下に切って出してください。

注意していただきたい点④

一般的な革のカバン等のもともと折りたたまれた製品については、もともと折りたたまれた状態が最大辺30cmを超える場合は粗大ごみになります。集積所に出す場合は、最大辺30cm以下に切って出してください。

注意していただきたい点⑤

油などで汚れた紙等は資源古紙としてリサイクルできないため燃えるごみとして出してください。その際、汚れた紙については最大辺を30cm以下とする必要はありません。紙は、焼却炉に入れる前のごみピットで撹拌する際に破けて30cm以下となるためです。一方、布類やビニール・プラスチック類は、ピットで撹拌しても30cm以下とならないため、集積所に出す場合は、30cm以下に切っていただく必要があります。