三島市COOL CHOICE宣言を実施しました

三島市は、2017年3月に「三島市地球温暖化対策地方公共団体実行計画(区域施策編)」を改訂し、二酸化炭素排出量を2012年度比で、2020年までに12%削減するという短期目標及び2030年までに26%削減するという中期目標を掲げました。この目標を達成するため、三島市は、地球温暖化対策のための国民運動「COOL CHOICE」に賛同し、地球温暖化対策を推進することを宣言します。

三島市クールチョイス宣言

1 キーワードの選定について

 三島市は、快適環境の創造及び観光客の誘致を目的として、水・緑・花と歴史・文化が融合したまちづくり「ガーデンシティみしま」に取り組んでいます。特に中心市街地では、「街中がせせらぎ事業」として回遊ルートを整備し、暑い夏に涼しさを感じるという、湧水を水源とする回遊ルートの特徴を活かして、「街中がクールチョイス」をこの事業のキャッチフレーズとして選定します。

2 地域の特徴を活かした重点取組項目及び取組項目の選定について

 三島市は、湧水を水源とする回遊ルートを整備し、暑い夏に涼しさを感じる処が街中に点在しており、市民や観光客に潤いと安らぎを提供していることから、「クールビズ実施の推進」を重点取組項目として選定します。
 三島市は、防犯灯をすべてLEDに替えたり、市施設の照明を順次LEDに替えていくなど、省エネ機器の導入を進めており、この取り組みを、市民も含めた市域全体に広めるため、「LEDなどの省エネ機器への買い替え促進」を重点取組項目として選定します。また、今までの取り組みの内容を考慮して、下記の5項目を取組項目として選定します。


重点取組項目
(1)クールビズ実施の推進
(2)LEDなどの省エネ機器への買い替え促進


取組項目
(1) ウォームビズ実施の推進
(2) 照明の効率的な利用促進
(3) エコドライブの推進
(4) 公共交通機関の利用促進
(5) エコカーの普及促進

4 宣言書