湧水と調和した三島駅南口周辺開発に向けた市民セミナー

三島駅南口では、三島の宝である湧水・地下水の保全を前提に、西街区での東急電鉄による広域観光交流拠点整備事業の着工や、東街区での三島駅南口東街区市街地再開発準備組合による事業協力者の公募が予定されています。
 開発が本格的に動き出すこの機会に、三島の地下水の成り立ちや、開発における湧水・地下水の保全策について理解を深めるとともに、三島駅の将来像を広く共有するための市民セミナーを開催します。
 三島駅周辺の将来像について、一緒に考えてみませんか?

開催日時・会場

  • 平成29年 9月28日(木)
  • 午後7時~8時30分(開場:午後6時30分)
  • 三島市民文化会館 大ホール

内容

本セミナーは、東急電鉄、三島駅南口東街区市街地再開発準備組合のご協力をいただき開催します。
  • 富士山水系に関する講演(筑波大学 辻村教授)
    「三島の湧水は、どこから来るのか?-地下水の履歴書を考える-」
  • 三島駅周辺の地質・地下水の概要(パシフィックコンサルタンツ)
  • 広域観光交流拠点の計画概要(東急電鉄)
  • 参加者との質疑・意見交換 

湧水・地下水市民セミナー チラシ

セミナーでの配付資料

セミナーで配付した資料です。(セミナーでは縮小版での配付でしたが、HPではフルサイズの資料をご確認いただけます)
※参加者の皆さまからいただいだご意見については、後日、掲載予定です。