評価証明、公課証明及び名寄せ台帳の違いについて

固定資産評価証明、固定資産公課証明及び固定資産名寄せ台帳の違いは何ですか?

各証明書の内容について

     
  •  固定資産評価証明書は、土地一筆、家屋一棟ごとの固定資産の価格(評価額)を証明するものです。
     物件の所在地(家屋番号)、地目(種類・構造)、地積(床面積)、評価額が載った証明書になります。

  •  
  •  固定資産公課証明は、土地一筆、家屋一棟ごとの固定資産税相当額、都市計画税相当額を証明するものです。
     物件の所在地(家屋番号)、地目(種類・構造)、地積(床面積)、評価額、固定資産課税標準額、都市計画税課税標準額、固定資産税相当額、都市計画税相当額が載った証明書になります。

  •  ※なお、都市計画税は、市街化区域内にある土地・家屋に課税されています。
     
  •  名寄せ台帳は、証明を目的としたものではなく、所有している物件の明細が載ったものになります。
     記載内容は、4月に送付した固定資産税納税通知書(税金のお知らせ)の課税明細書と同じです。(非課税物件を除く)

    •  上記全て、1月1日現在の内容になります。