わたしたちの姉妹都市 ニュープリマス市

ニュージーランド ニュープリマス市 (New Plymouth, New Zealand)

姉妹都市提携の経過

 1983年9月、市内に住む4人の主婦が、中学校の教科書に載っている富士山にそっくりの山を見つけ、ふもとの町であるニュープリマス市の市長に手紙を送ったことが交流のきっかけです。その後、主婦たちによるニュープリマス市の人々との文通は、両市民が相互に訪問しあう人的交流にまで拡大し発展しました。
 1989年に、三島市から5人の市議会議員が、翌1990年には三島市長が、それぞれ行政視察の途上でニュープリマス市を訪問し、姉妹都市提携に向けての話し合いが進められ、1991年4月29日、三島市制施行50周年記念事業の一環として、三島市で姉妹都市調印式が行われました。
 また、ニュープリマス市でも定住150周年を記念して、同年5月27日に姉妹都市調印式を行いました。

自然環境


姉妹都市のきっかけとなったタラナキ山
 ニュープリマス市は、ニュージーランド北島の西海岸に位置し、東西30キロメートル、南北95キロメートル、面積は2,324キロ平方メートル(三島市の約37倍)です。また、タラナキ州の州都であり、市の南西部には、富士山とよく似た標高2,518メートルのタラナキ山がそびえています。
 気候は、年間を通じて温暖で、真夏の日中でも25℃を超えることはなく、冬でも10℃以下の日が続くということも、ほとんどありません。 年平均降雨量は1648ミリです。

人口

 ニュープリマス地区(New Plymouth District)の人口は約69,000人(うちニュープリマス市は約45,000人)です。主にヨーロッパ系白人ですが、マオリ族が約8,500人住んで住んでいます。

産業と教育

 ニュープリマス市の産業は、豊かな土壌を生かした酪農、畜産、花、観葉植物の栽培と、皮なめしや肥料生産を基盤としています。またここで作られた良質のチーズは、海外に輸出されています。
 その他、石油と天然ガスの油田、ガス工場があり、この国全体にエネルギーを供給しています。
 石油化学工業は1865年に、ニュープリマスのモトゥロア平野ではじめて石油が発見されて以来、着実に発展してきました。ニュープリマス市は、ニュージーランドの最大の火力発電所があることでも知られています。
 また、伝統校であるボーイズハイスクールやガールズハイスクールをはじめ、ポリテクニック・スクール等の学校があり、教育施設も充実しています。

歴史と文化


タスマン海沿いに続く美しい海岸線
   今から約千年前、先住民はモアという大きな飛べない鳥を狩猟、衣服をつくるためにアマ(繊維)を収穫する生活をしていました。
 その後、13世紀頃に、東ポリネシア人(マオリ族)が海を渡り住み始めました。彼らは、彫刻、織物、音楽、踊りなど、独自の文化と芸術を発展させ、現在もその伝統を守り育てています。
 その後、ヨーロッパからの捕鯨団が、捕鯨基地を設けたのを契機に、1841年に開拓が始まり、ヨーロッパから移民が移住し始めました。
 ニュープリマスという名前は、イギリスのプリマス市から多くの移民があったことに由来しています。1948年に正式に市となり、その後大規模な行政区域変更の結果、ニュープリマス地区(The New Plymouth District Council)となり、現在に至っています。

三島市との主な交流

  • 親善訪問団の相互派遣
  • 小中学生、高校生の相互派遣
  • 市内公立中学校への英語教師の招聘