ホーム > 旬産旬消 > 認定農業者たちの“自慢農産物” 施設野菜部門 その1

印刷用ページの表示

このエントリーをはてなブックマークに追加

認定農業者たちの“自慢農産物” 施設野菜部門 その1


旬産旬消

認定農業者たちの“自慢農産物” 施設野菜部門 その1

太陽の恵 フルーツトマト 廣瀬 和正

自慢農産物: トマト(フルーツトマト)
氏名等: 廣瀬 和正
地区: 安久
栽培作物等: フルーツトマト
栽培面積等: 2,500平方メートル
生産量: 20,000パック
自慢農産物の紹介文:農業履歴、昭和57年にハウス建設、水耕設備を導入し就農
(1)味の良い、濃いトマト作り
水耕栽培で高濃度肥料を使用し、味を高める駿河湾海洋深層水を入れ、ミネラル豊かな味の良いトマトです。
(2)病害虫の防除
(ア)温室コナジラミ(シルバーリーフ)により黄化葉巻病に困っている。
(イ)農薬の散布だけに頼らない防除⇒ハウスを0.4mm×0.4mm目のネットを張り、害虫の侵入を防ぐ。
(ウ)粘着板:ラノテープの設置で害虫を捕る。
(3)販売先
(ア)京浜地区での販売が主体。
(イ)2市場で専用シールを作り顔の見える販売をしている。
(ウ)地元では、伊豆村の駅で販売している。
(エ)今後は、地元スーパー等の販売開拓をしたい。
(4)加工品への挑戦
   B品規格外品をトマトジュース、トマトペーストへ加工したりトマトシャーベットの加工販売を試みたい。
小売販売 有り
小売販売の内容: 箱売り、ポリ袋売り(300円〜)
出荷先等: 出荷先:JA三島函南
販売先:伊豆村の駅、東京全農センター、京浜市場
問合せ先 電話: (055)977−7255
FAX: (055)977−7255
E-mail: -

天敵を利用した苺栽培 藤澤 鎮生

自慢農産物: 苺(きらぴ香・紅ほっぺ)
氏名等: 藤澤 鎮生
地区: 梅名
栽培作物等: イチゴ
栽培面積等: 2,500平方メートル
生産量: 約35,000パック
自慢農産物の紹介文:農業履歴:苺栽培を始めて36年 天敵栽培を始めて18年
○きらぴ香・紅ほっぺを食べて欲しい
 梅名でイチゴを主に作っている。生粋の梅名育ち、信州大学農学部で果樹の勉強をしていた時、イチゴに興味を持った。イチゴは日本では野菜に属するが、欧米では果物。当時、父親はトマトを栽培していたが、大学卒業後に田方農業高校のそばにあった県東部園芸分場試験場でイチゴ栽培の研修を受けて、真剣にイチゴ栽培をしようと決めた。イチゴは三島では古い歴史があり、安全なものを消費者においしく食べてほしいとの意欲で取組んだ。その頃は、宝交早生(ホウコウワセ)という品種が主流だったが、収穫周期の波が大きく、取れない時期と取れる時期の収穫量の差が極端であった。今は、「きらぴ香」「紅ほっぺ」が主流で、周期の幅が少なく、イチゴもまんべんなく収穫できるようになった。特にきらぴ香は、輝き・香り・甘みが特徴的な静岡が生んだ新品種で、天敵利用のイチゴ栽培の技術を駆使して安心安全な収穫を目指している。天敵利用のイチゴ栽培とは、ハダニの防除はカブリダニで、アブラムシの防除はアブラバチで、時には登録のある化学農薬も使用し、減農薬を実現している。収穫したイチゴは、リストランテ プリマヴェーラやチャオチャオで使われている他、農協に出荷しスーパーマーケットでも販売している。農協の販売所や中郷小東側の無人販売所でも購入できます。
○美味しい苺の見分け方:ツヤがあって真っ赤な物
○美味しい食べ方:取立てが一番、買ったら早めに召し上がってください。
小売販売 有り
小売販売の内容: 庭先販売(出荷外の真っ赤な苺を販売)、その他要相談
出荷先等: JA三島函南
問合せ先 電話: (055)977−1732
FAX: (055)977−1732
E-mail: -

小松菜の杉正農園のご紹介 杉本 正博

自慢農産物: 小松菜
氏名等: 杉本 正博
地区: 山田
栽培作物等: 小松菜
栽培面積等: 経営面積
畑 14,000平方メートル(140a)*全て、かん水設備有り
田 3,000平方メートル(30a)*稲を作らず畑として使用
パイプハウス 3,600平方メートル(28棟)
小松菜は年間、延べ350a(露地・ハウス併用)
生産量:  
農業高校を卒業して即就農、当時は種豚と露地野菜の複合経営でした。
私には一つの夢がありました。それは県の畜産共進会でトップの名誉賞、農林水産大臣賞をとることでした。幾度も挑戦し平成元年、念願かなって賞をいただきました。そのとたん熱もさめ、また畜産公害も厳しくなり、父から経営も委譲されていたので種豚をやめ、露地野菜専門農家になりました。付加価値をつけて品質第一主義に徹し、サトイモ、葉ネギ、小松菜、ホウレンソウなどを近くの市場に出して常に高値で取引されていました。種生姜も栽培し、静岡市の農家にも供給していました。
平成5年、我が家を20数店舗を有する地元スーパーが評価してくれて、ホウレンソウの契約出荷を開始。翌夏から周年出荷が可能な小松菜も契約し現在に至っています。平成17年にパイプハウスを増設したため、同年よりホウレンソウの契約栽培はとりやめ、小松菜のみの栽培契約となっています。レストランや宅配用に人参、里芋、ホウレンソウ、ナバナ類、夏果野菜等を小面積栽培しています。
○労働力
労働力は私と妻と父母の4人とパートタイマー3人(男性1人、女性2人)。
○ 土作りを大切にしています
基本の土作りは有機質をたくさん使っています。(減化学肥料栽培)
小松菜の施肥例(10a当)
【有機肥料】
米ヌカ 180kg
100%有機化成 100kg
卵のから(石灰の代用) 100kg
【化学肥料】
天然苦土 70kg
石灰窒素 30kg
○減農薬栽培をしています
・露地栽培は防虫ネットのトンネル栽培。 ハウス栽培は、ハウス換気部・出入口に防虫ネットを使用しています。
・は種2週間前に殺虫剤土壌混和(合ピレ剤)
・栽培期間中3cm位のときに1回農薬散布。(合ピレ剤)
・年7回転するハウスも薬品による土壌消毒をしたことがありません。
 米ヌカと石灰窒素を施用し高温期に太陽熱消毒をしています。
・トラクターにサブソイラーを取り付け、畑の排水性を良くして湿害による病害を軽減しています。
○安全・新鮮・おいしさをモットーにしています
  予冷庫・冷蔵車を使用し、鮮度を保ち小松菜にストレスを与えません。
○環境にやさしい農業を目指しています
・静岡県認定エコファーマー(平成15年6月認定)
・第9回全国環境保全型農業推進コンクールで優秀賞を受賞(平成16年3月17日)
・出荷先スーパーから出た生ごみを堆肥化したものを我が家で使っています。いわゆる循環型農業にも取り組んでいます。
○視察・見学の受入れ
 栽培状況やこだわりを知っていただくため圃場を公開しており、一般消費者や農業関係者等多くの方々が訪れてきます。
小売販売 有り
小売販売の内容: 10束以上での販売
出荷先等: ○出荷供給先  地産地消しています
★生産量の大半は県東部を中心に23店を有するCFSコーポレーション(スーパーキミサワ、コンボ)に出荷
★より安全性を求められている三島市内の学校給食に供給
★素材を厳選するレストランに供給
・長泉町 クレマチスの丘のプリマヴェーラ(イタリアン)、チャオチャオ、カフェレストラン ジオノ
・富士市今泉 マーノ エ マーノ(イタリアン)
・箱根町仙石原 ラリック美術館 レストラン リス(フレンチ)
・新宿区大京町 スペッキオ(イタリアン)
●千葉県船橋市のこだわりのスーパー「エコ・ピア」に出荷しています。
●とれたて野菜を宅配「愛菜宅急便」で送っています。
問合せ先 電話: 055-973-2732
FAX: -
E-mail: -

空中温室メロン(伊豆温室メロン) 市川 芳彦

自慢農産物: 温室メロン(アールスメロン)
氏名等: 市川 芳彦
地区: 玉川
栽培作物等: 温室メロン(アールスメロン)
栽培面積等: 1,000平方メートル
生産量: 1,500ケース(1箱6ケ入り)
自慢農産物の紹介文:★出荷時の糖度検査13度以上の保証付き!一度食べればやみつきになるよ!
★メロン栽培を始めて35年のプロ! (20歳から始めた)
○ 私のメロンは、空中金網ベット栽培で周年栽培をしています。
○ 潅水を自由調製することが出来ますので、味のバラツキがありません。本場の袋井・磐田のメロンと味は一緒です。
○ 本メロンには、「富士、山、白、雪」と言う階級があるのを知っていますか?
○ 肥料は有機主体のメロン配合です。
○ メロン管理の最低温度は20℃です。
○ 苦労するところは、空と【にらめっこ】で、潅水するところです。夏場は、最多4回行います。また、ネットを張らすのが特に難しい!
美味しいメロンの見分け方:ネットがしっかり均一に張っているもので、重量があるメロン。
美味しい食べ方:高いメロンなら保証付き
小売販売 有り
小売販売の内容: 化粧箱1個、2個 応談
出荷先等: JA伊豆の国、東京・神奈川
問合せ先 電話: (055)975−2794
FAX: -
E-mail: -