ホーム > 旬産旬消 > 箱根西麓三島野菜のロゴマークとのぼり旗が出来ました

印刷用ページの表示

このエントリーをはてなブックマークに追加

箱根西麓三島野菜のロゴマークとのぼり旗が出来ました


旬産旬消

箱根西麓三島野菜のロゴマークとのぼり旗が出来ました

経緯

箱根の西麓、標高50m以上の斜面地に広がる畑では、古くから大根や馬鈴薯など露地野菜が栽培され、味と品質の高さから地元はもとより首都圏へ多く出荷されています。特産品として位置付けされ、地産地消運動やブランド化の推進により周知が図られているところでありますが、ここでそのブランド名を「箱根西麓三島野菜」と銘打ちロゴマークも作製し、一層のブランド化を推進することとなり、このための『のぼり旗』及び『横断幕』を制作いたしました。

箱根西麓三島野菜の定義

『箱根西麓三島野菜は、標高50m以上で栽培される野菜です』
箱根西麓農産物特産化推進協議会により定めました。
主な野菜・・・三島馬鈴薯、三島甘藷、三島人参、箱根大根、三島レタス、白菜、玉ねぎ

ロゴマークについて

  • 横断幕(大・小)各1枚
  • のぼり旗(イベント用180cm×60cm)30枚、(店舗掲出用150cm×45cm)150枚
    作製:箱根西麓農産物特産化推進協議会、三島市、三島市観光協会、三島函南農業協同組合
    デザイン:きむら工房 木村美穂
  • パンフレット

箱根西麓三島野菜横断幕
横断幕

箱根西麓三島野菜のぼり旗
のぼり旗

野菜の味や食感の決めては「土」と「気候・立地条件」

 関東ローム層の赤土でミネラル分が豊富な保肥性に優れた土壌で、寒暖で冷涼な気候、傾斜地で水はけが良く、南西向きで日当りばつぐんで、綺麗な景色に囲まれた畑でストレスが少なく育つた野菜である。