クーリング・オフとは

クーリング・オフとは、消費者を守る制度

クーリング・オフ(cooling off)には、頭を冷やすという意味があります。消費者がいったん申し込みや契約をした場合でも、冷静に考え直す時間を与え、一定期間内であれば無条件で契約を解除できる特別な制度です。訪問販売や電話勧誘販売などの不意打ち的な販売方法や、複雑な契約について設けられています。

期間は書面を受け取った日から始まる

クーリング・オフが可能な期間は取引形態によって異なります。訪問販売や電話勧誘販売では、契約書(または申込書)を受け取った日を1日目(起算日)として数えて8日間です。連鎖販売取引と業務提供誘引販売取引では20日間です。

契約書面が交付されないときや、書面に不備や虚偽の記載があるときには、所定の日が過ぎてもクーリング・オフができます。

クーリング・オフの方法と効果

    クーリング・オフの通知は書面(はがきなど)で行います。期間内に発信すればよく、期間内に事業者に届く必要はありません。

    クーリング・オフをすると、消費者は一切の負担なく契約を解除できます。支払ったお金は返され、手元にある商品を返送する場合、送料は事業者が負担します。

通信販売はクーリング・オフできない

インターネット通販やテレビショッピングなどの通信販売には、クーリング・オフ制度はありません。返品の可否や条件についての特約があれば特約に従ます。特約がない場合は、商品を受け取った日を含めて8日以内であれば返品できます(返品時の送料は消費者負担)。

クーリング・オフ通知の書き方

  1. 必ずはがき等の書面で、販売会社の代表者宛に通知します。
  2. 送る前にはがきの両面コピーを取り保管しましょう。
  3. 特定記録郵便簡易書留など記録の残る方法で送ります。

【表面】
 〇〇県○○市○○町○○番地
 ○○株式会社
    代表者〇〇〇 様
                                 
【裏面】
      通知書
 次の契約を解除します。
 契約年月日  〇年〇月〇日
 商品名    〇〇〇〇  
 契約金額   〇〇〇〇円
 販売会社   〇〇株式会社○営業所
        担当者〇〇氏
    
 支払った代金〇〇〇円を返金し、
 商品を引き取ってください。
        〇年〇月〇日
        〇〇県〇〇市○○町〇〇番地    氏名〇〇〇〇