ファルマバレープロジェクト(富士山麓先端健康産業集積プロジェクト)

平成23年9月、静岡県が総合特別区域法に基づき国に申請した「ふじのくに先端医療総合特区」が、平成23年12月22日に地域活性化総合特区として指定されました。

ふじのくに先端医療総合特区の概要

 ふじのくに先端医療総合特区では、「がん医療の発展」と「地域企業の活性化」の2つを目指します。静岡がんセンターが持つ4つの基盤技術を統合的に活用し、革新的ながん診断装置・診断薬の研究開発の拠点化を進め、がん医療を飛躍的に発展させるとともに、製品を支える医療機器や部品・部材を提供する地域企業による産業クラスターを形成することにより、地域企業の活性化と雇用創出を図ります。

静岡県新産業集積課ホームページ

ファルマバレープロジェクト

 静岡県では、雄大な富士山のふもと、「健康増進・疾病克服」、「県民の経済基盤確立」を両輪に、世界レベルの研究開発を進め、県民の健康増進と健康関連産業の集積を図り、特色ある地域の発展を実現するため、ファルマバレー構想(富士山麓先端健康産業集積構想)を策定し、自律的発展期となる平成23年からの10年間の第3次戦略では、「ものづくり」「ひとづくり」「まちづくり」「世界発展」の視点から、医療機関を中心とした産業クラスターの形成を進め、地域企業発の「Made in Mt.Fuji」製品を販売することを目指しています。
   三島市でも、ファルマバレープロジェクトを推進するため様々な事業に取り組んでいます。

第2次戦略計画評価報告書について

平成22年12月に評価委員会から第2次戦略に係る評価報告書が提出されました。詳しくは、下記のホームページを参照してください。
静岡県新産業集積課ホームページ