妊婦歯科健康診査が始まります。

令和2年5月1日より、妊婦歯科健康診査の公費負担が始まりました。妊娠中はつわりや食事が不規則になる場合があり、歯肉炎や歯周病、むし歯になりやすいため、口の中を清潔に保つことが大切です。つわりが落ち着いたら、妊婦歯科健康診査を受けましょう。三島市内の歯科医院にて歯科健診を受診することができます。

対象

三島市に住民票のある妊婦(母子手帳交付時に受診票を交付いたします)
※令和元年度に母子手帳交付を受けた対象の妊婦には、受診票を郵送済みです。

受診時期

妊娠中(受診した後に治療が必要となる場合があるますので、妊娠中期の受診がお勧めです)

自己負担金

500円

内容

・問診
・口腔内診査
・歯科保健指導

受診歯科医療機関一覧

受診方法

1.受診した歯科医院に電話予約を行う。
2.交付された妊婦歯科健康診査受診票と自己負担金500円を持ち、受診する。

その他

妊婦歯科健康診査は、必ず受けないといけないものではありません。新型コロナウイルスの感染拡大状況により、受診の時期についてはご検討ください。状況により、歯科医療機関での受診受け入れができなくなることがありますので、ご了承ください。