ロタウイルスワクチン予防接種が令和2年10月1日から定期接種(公費負担)となります。

ロタウイルスは、乳幼児にみられる胃腸炎の主な原因のひとつです。多くの場合は、突然の嘔吐、発熱に続き、水様性下痢を起こします。小児の場合は、1/3程度の割合で39℃以上の発熱を伴い、回復には1週間ほどかかります。 ほとんどの場合は、特に治療を行わなくても自然に回復します。しかし、まれにけいれんや脳炎・脳症を引き起こすことがあり、脱水症状が強い場合や、重症化すると入院が必要となることがあります。本人だけでなく家族の負担も大きい疾患です。

ロタウイルスワクチンと接種の効能は?

ロタウイルスワクチンは2種類あり、どちらも飲むタイプの生ワクチンです。2回接種を受けるものと3回接種を受けるものがあります。最初に受けたワクチンと同じ種類を接種してください。

ワクチン接種で重症胃腸炎を減らすことができます。ワクチンを接種することにより、ロタウイルス胃腸炎による入院患者を約70~90%減らすことができたと報告されています。



ワクチン名対象年齢接種方法
ロタリックス(1価・経口生ワクチン)生後6週から生後24週まで4週間以上の間隔をおいて2回経口接種
ロタテック(5価・経口生ワクチン)生後6週から生後32週まで4週間以上の間隔をおいて3回経口接種

※標準的な初回接種開始期間は、どちらのワクチンも生後2か月から生後14週6日までが推奨されております。 ※ワクチンの種類による効果の差異はありません。

対象者

令和2年8月以降に生まれたお子さんが対象です。(※長期療養特例制度は適用されませんのでご注意ください。)
【注意事項】 10月1日より前に接種したロタウイルスワクチンについては、任意接種となり費用は自己負担になるためご注意ください。

医療機関への受診方法 

母子健康手帳、予診票を持参の上、医療機関を受診してください。 ※市外の医療機関で接種を希望される方は接種前に保健センターで手続きを行ってください。

その他

予診票については、標準的な初回接種開始時期(概ね生後2か月頃)に合わせて保健センターから随時郵送いたします。  ※事前に予診票が必要な方は保健センターまでご連絡ください。また、令和2年10月1日より前に接種したロタウイルスワクチンについては定期予防接種の対象外となりますのでご注意ください。