令和4年度以降も成人式は20歳で開催します。

民法の一部改正により、令和4年4月から成人年齢が18歳に引き下げられます。
三島市の成人式については、これまでどおり開催年度に20歳を迎える若者を対象に、
名称を「(仮称)二十歳(はたち)を祝う式典」に変更して開催します。

式典の対象年齢

開催年度に20歳を迎える方

名称

「(仮称)二十歳を祝う式典 」

変更の時期

令和4年度から

決定理由

・対象者へのアンケートや市民意識調査において、20歳での実施がよいとする意見が多かったこと。
・18歳で実施する場合は、進学や就職を控えている多くの青年や保護者に負担がかかる恐れがあること。
・名称は、対象者向けアンケートの結果や、節目の歳を地域全体でお祝いする意味合いを込め、
 現段階では「(仮称)二十歳(はたち)を祝う式典」とし、令和4年度の開催までに正式に決定します。

検討の経緯

(1)社会教育委員会議での意見聴取 (令和元年10月9日)
(2)対象者へのアンケート調査の実施 (調査時期:令和2年1月~2月)
 【対象者】三島市立中学3年生及びその保護者(令和4年度に18歳になる生徒及びその保護者)
(3)市民意識調査における成人式の実施時期についての調査 (調査時期:令和2年5月)
   全体の58%が20歳での実施がよいと回答

その他

18歳成人で変わること、消費者教育などについては、広報みしま等で周知していきます。