三島市移住アンバサダーを紹介します!

「三島市移住アンバサダー」は、移住に役立つ情報はもちろん、三島での日常を移住者目線で発信します。それぞれのSNSアカウントで#三島市移住をつけて発信していますので、ぜひチェックしてみてください。

三島市移住アンバサダー 紹介


野田千絵さん(TwitterInstagramnote
2012年、里帰り出産のため伊豆修善寺へ帰省し、夫が通勤しやすい三島に移住。三島は地域のつながりの中で子育てできる場所。支えられて子育てしている自らの経験から、子育てについて語り合い学び合える場所を作りたいと「コソダテの学校3919」を運営している。わが子が通学する坂小学校から見える三島の空は最高!


松久綾子さん(Twitternote
2016年、長女の誕生をきっかけに都内から三島市にUターン移住。都内企業に勤める二児の母。夫婦で新幹線通勤をしていたが、現在はテレワークが中心。ますます三島暮らしにのめりこんでいる。お気に入りの場所は、透明な水に心が洗われる桜川。


Minakoさん(Twitternote
2020年に東京から移住。東京のITベンチャー企業の広報PR担当として、主にリモートワークで勤務。三島の企業で本業のスキルを活かした広報関連の副業もスタート。ウィンドサーフィン等の海遊びや、移住後に増えた趣味、三島周辺地域の散策など、仕事も趣味も三島ライフを満喫中。三島の好きなところは移住者にオープンでフラットな「人」。


山森達也さん(TwitterFacebooknote
2019年に、東京の持ち家を売却したタイミングで、西伊豆の海にも近く東京の仕事も続けられる三島に移住。週5で新幹線通勤。働き方がリモートワークに変わった後、2021年6月に東京の仕事を続けながら起業し、ゲストハウスやコワーキングスペースの運営をしている。 三島の好きなところはオープンで前向きな雰囲気があること。

依頼状交付式の様子

令和3年8月31日(火)に依頼状交付式を行いました。(※松久綾子さんはご欠席)