生活保護について

 自分の生活は、自分の責任で営んで行くことが、自然の姿であることは申すまでもありません。しかし、平和で明るい家庭が突如働き手を失ったり、家族が大病を患うなどの不幸にみまわれ、自活が出来なくなるという家庭の危機が、いつ私たちの身に降りかかってくるかわかりません。
 こういう窮迫状態を救うのが 社会保障制度の一つである生活保護法です。
 この制度は、憲法第25条による国民の生存権の保障を具体的に実現する制度で、最低限度の生活を保障するとともに、その世帯の自立を助長することを目的としています。

生活保護の手続きの流れ

  1. 相談 : 福祉総務課へご相談ください。
  2. 申請 : 生活保護の申請意思がある人は、申請書を提出してください。
  3. 調査 : 申請を受けて、生活状況や収入・資産状況などを調査します。
  4. 審査 : 調査の結果、生活保護の利用が可能かどうかを審査します。
  5. 決定 : 審査の結果、生活保護の利用の可否をお知らせします。

  6. 生活保護が開始されると、保護費の支給や支援が始まります。

生活保護の内容・種類

生活保護の扶助は、次の8種類です。支給にはそれぞれ条件があります。
  1. 生活扶助 : 衣食、光熱費などの日常生活の費用
  2. 住宅扶助 : 家賃、地代などの住まいの費用(共益費・管理費は除く)
  3. 教育扶助 : 義務教育を受けるための学用品、給食費などの費用
  4. 医療扶助 : 病院や診療所での受診や薬局での薬代、治療材料や施術の費用
  5. 介護扶助 : 介護サービスを利用する費用や住宅改修・福祉用具を購入する費用
  6. 出産扶助 : 出産に要する費用
  7. 生業扶助 : 就職するために必要な技能や資格を取得をするための費用、高等学校などに就学をするための費用
  8. 葬祭扶助 : 葬祭に要する費用

  9. ※上記1・2・3・7は原則、毎月5日頃に1ヶ月分が支給されます。
    ※4.医療扶助 および 5.介護扶助は、原則、病院や介護サービス事業者などに直接支払いをするので、現金は支給されません。

    その他
    1. 就労自立給付金 : 就職などにより、生活保護を必要としなくなった人に支給できる場合があります。
    2. 進学準備給付金 : 生活保護利用世帯の子どもが、大学や専門学校などへ進学する際に支給されます。

生活保護を受けるためには

生活保護を受けるには、次のような条件があります。
  1. 世帯にいるすべての人が、それぞれの能力に応じて働いても、なお生活に困る場合
  2. 預貯金、生命保険、自動車、不動産などの資産を活用しても、なお生活に困る場合
  3. 親・子・兄弟姉妹などからの援助を受けても、なお生活に困る場合
  4. 他の社会保障制度などで受けられるものはすべて受けても、なお生活に困る場合

※現在、新型コロナウイルス感染防止等のため、稼働能力の活用および自動車等の資産の活用について弾力的な運用が図られております。
【令和2年4月7日通知】新型コロナウイルス感染防止等のための生活保護業務等における対応について
【令和2年5月26日通知】緊急事態宣言の解除後の生活保護業務等における対応について

※生活保護行政の実施にあたり、扶養義務履行が期待できない者の判断基準が見直されました。
【令和3年2月26日通知】「生活保護法による保護の実施要領の取扱いについて」の一部改正について
【令和3年2月26日通知】「生活保護問答集について」の一部改正について
【令和3年2月26日通知】扶養義務履行が期待できない者の判断基準の留意点等について

参考:厚生労働省ホームページ

生活保護のご相談や申請について

生活保護を受けるには、本人やご家族などの申請が必要です。福祉事務所へ申請してください。
また、病気などの理由により相談・申請の手続きに来られない場合は、福祉事務所にご連絡ください。
生活保護を受けられるかどうかは個々の世帯の生活状況によって異なりますので、申請の前に、まず、福祉事務所(福祉総務課)にご相談ください。