固定資産税に係る縦覧及び閲覧について

縦覧とは・・・

 納税者および代理人が、『土地・家屋価格等縦覧帳簿』を見ることができます。
 これによって、自己の資産の価格と市内にある資産の価格とを比較し、自己の資産の評価が適正であるかを確認することができます。
【記載事項】
 土地価格等縦覧帳簿
  所在、地目、地積、価格など
 家屋価格等縦覧帳簿
  所在、種類、構造、床面積、価格など

閲覧とは・・・

 納税義務者ならびにその同居の親族および代理人と、借地借家人など対価を支払って固定資産を使用している者や固定資産の処分権限を有する者が、当該固定資産についての課税台帳を見ることができます。

【縦覧・閲覧の期間】

毎年4月1日~第1期納期限(4月末日)
(閉庁日を除く 午前8時30分~午後5時15分)

【縦覧及び閲覧の場所】

市役所西館1階 課税課 資産税係

【持ち物】

●縦覧の場合
 身分証明書(運転免許証や健康保険証など)
 納税者本人以外の場合には、委任状が必要となります。

●閲覧の場合
 身分証明書(運転免許証や健康保険証など)
 納税義務者本人以外の場合には、次の書類もお持ちください。
  代理人
   納税義務者の委任状
   (法人は委任状に代表者印を押印したもの)
  借地借家人等
   納税義務者(所有者)との権利関係が確認できるもの
   (賃貸借契約書など)
  同居の親族
   前年度分の納税通知書
※閲覧期間以外に、固定資産に関する証明書や名寄帳を取得される場合は、同居の親族の方は同一世帯でなければ納税通知書を持参していただいても交付できませんのでご注意ください。