結婚新生活支援補助金について

結婚に伴う新生活を支援するため、新婚世帯の住宅取得や賃借、または引越しに係る費用を最大60万円まで補助します。

対象者

申請日の属する年度の前年度の1月1日から、申請日の属する年度の3月31日までの間に、婚姻届を提出し、受理された新婚世帯

補助要件

次の要件をすべて満たす場合に申請が可能です。
1 申請日の前年の夫婦の合計所得金額が400万円未満であること。
2 婚姻日における夫婦の年齢がいずれも39歳以下であること。
3 申請日に夫婦の双方又は一方が、申請の対象としている住宅に住所を有していること。
4 静岡県が実施するオンライン講座を受講していること。
5 申請日において夫婦がいずれも本市の市税を滞納していないこと。
6 夫婦がいずれも過去にこの要綱に基づく補助金の交付を受けていないこと。
7 夫婦がいずれも他の市区町村で婚姻に伴う新生活の経済的負担の軽減を目的とした補助を受けていないこと。
8 夫婦がいずれも暴力団等の反社会的勢力又は反社会的勢力と関係を有する者でないこと。

<夫婦の合計所得金額の算出方法>
 申請日の前年の所得に基づき算出します。
 ・夫婦の双方または一方が、貸与型奨学金(公的団体や民間団体から貸与された資金)の返済を行っている場合、夫婦の合計所得金額から年間返済額を控除することができます。
 ・夫婦の双方または一方が、婚姻を機に離職し、申請日において無職の場合、離職した方については所得が無いものとして、夫婦の合計所得金額を算出することができます。

対象経費

申請日の属する年度の前年度の1月1日から、申請日の属する年度の3月31日までの間に、支払いを行った次の費用

1 住居費(購入・新築)
 結婚に伴い取得した住宅の購入費、工事請負費
 ※土地の購入費、中古住宅のリフォーム費は対象外です。

2 住居費(賃借)
 結婚に伴い賃借した住宅の賃料、敷金、礼金、共益費及び仲介手数料
 ※夫婦の一方が婚姻前に契約し居住していた住宅について、他方が後に当該住宅に入居した場合は、同居開始後に支払った費用のみが対象です。
 ※駐車場代、鍵交換代、クリーニング代などの付帯費用は対象外です。

3 引越費用
 結婚に伴い取得または賃借した住宅や、夫または妻が居住していた住宅への引越費用のうち、引越業者または運送業者へ支払った作業費や運送費

補助額

1世帯あたり30万円(婚姻日における夫婦の年齢がいずれも29歳以下の場合は60万円)を上限に補助します。
ただし、他の補助金や勤務先からの住宅手当などを受けている場合は、その額を控除します。

受付期間

令和3年8月2日(月)から
※平日の開庁時間(午前8時30分から午後5時15分まで)に受付を行います。
※申請が予算上限に達し次第、受付を終了します。

補助金の申請方法

三島市結婚新生活支援補助金交付申請書(様式第1号)に、添付書類を添えて、政策企画課まで提出してください。
郵送やFAXでの提出はできません。
申請書類はこのページでダウンロードすることができるほか、政策企画課でも配布しています。
※添付書類は、対象者によって異なりますので、下記の交付要綱をご確認ください。
※申請条件にあてはまるか、対象経費となるか、必要書類は何かなどは、事前に政策企画課へお問い合わせいただくとスムーズです。

交付要綱・交付申請書