三島市発達支援課のご案内

三島市では、発達に心配や特徴があって相談したい人、またはその家族(当面は、乳幼児期・学齢期のお子さん)を対象に、相談支援や教室支援(親子教室等)・三島市児童発達支援事業所の運営を行っています。
また、支援者対象の研修会や必要に応じ、幼稚園・保育園、学校への訪問支援などを行っています。

スタッフ

発達相談及び療育支援事業を実施している三島市発達支援センターには
さまざまな専門職がいますので、困ったなと思ったら、いつでもお気軽にご相談ください。
発達支援センター全体写真
たんぽぽ

   ▲▼発達支援課マスコット「ぽぽんちゃん」 にこパル外観 ぽぽんちゃんダンス

対象

市内に住む乳幼児期及び学齢期(小学校・中学校)のお子さんとその家族

相談支援とは

保護者のお子さんとの関わり方、発達に関する不安や悩みなどの相談に応じ、
家庭での対応方法等にアドバイスを行うことで、保護者の育児ストレスの軽減や育児に対する意欲向上に向けた支援をします。
また保護者の同意のもとで、所属先(幼稚園や保育園等・学校)との連携支援も行います。

一般相談:臨床心理士・保健師・社会福祉士・特任指導主事・保育士
発達検査:臨床心理士
専門相談:言語聴覚士・作業療法士

● ご利用方法

相談をご希望の方は、まずはお電話をください。
電話【055-975-1588】で個別相談の日程を決めさせていただきます。
※原則として利用申し込みは保護者の方からの電話で受け付けます。
相談タイトル

教室支援とは

親子で定期的に通い、生活とあそびの経験を保護者や職員と一緒にくり返しながら、
基本的な生活習慣、身近な人・物・活動への気付きや興味、感情や意志を表現する力を育みます。
また、保護者がお子さんを理解し、家庭や地域で親子が安定した生活を送ることができるように支援します。

こあら教室:毎週月曜日 10時~11時 未歩行のお子さんとその保護者を対象にふれあいあそびや運動あそびを 親子で楽しむ教室です。
こあら教室(未歩行児親子教室)
ぱんだ(親子)教室:隔週1回 10時~11時30分 発達支援センターにて行います
ぱんだ教室(2歳児親子教室)

地域支援について

相談支援・教室支援のほかに下記事業を行っています

・子育て応援教室「ぽかぽか」
健康づくり課あそぼう会、発達支援課相談支援を利用中の保護者を対象に、生活習慣やことばの育ち、小学校入学に向けて等、年5回の子育て応援講座を開催しています。

・保護者交流事業「わたぼうしの会」
こあら教室参加保護者、こあら教室・のぞみ教室卒業保護者を対象に、先輩保護者との交流やサポートファ イルの書き方講座などの保護者交流事業を開催しています。

・『三島市子育てサポートすくすくファイル』の配布
「子育て記録」や「サポートファイル」としてご活用いただけます、『三島市子育てサポートすくすくファイル』を希望者に配布しています。
すくすくファイル H28Ver.

・幼稚園・保育園の巡回相談・コンサルテーション・啓発研修

三島市児童発達支援事業所の運営

施設案内

三島市発達支援センター「たんぽぽ」          三島市児童発達支援事業所「にこパル」
住所 三島市谷田271番地の1             住所 三島市谷田271番地の1
電話/FAX 055-975-1588            電話/FAX 055-975-5088
電話 055-975-1590
発達支援センター・マップ
外観

三島市こども発達支援ガイドブック